EATAS
業務効率化|勤怠管理2018.10.02
EATAS

シフト作成・管理がラクになる!|飲食店向けおすすめ勤怠管理システム

シフト作成・管理がラクになる!|飲食店向けおすすめ勤怠管理システム

シフト作成に時間がかかったり、アルバイトの不正打刻の問題が起きたりと、飲食店を経営する上で勤怠管理は手間のかかる業務の一つ。しかし、勤怠管理システムを導入すれば、これらの問題が解決できる。せっかく導入するならば、勤怠管理システム各社のサービスを比較して、自店に最適なものを探してみよう。

目次

飲食店の勤怠管理の悩み

混む時間や空いている時間に合わせてスタッフを振り分けたり、アルバイトの希望休を取り入れてシフトを作成したりと、サービス業の勤怠管理は大変だ。特に飲食店では、正社員よりも学生などのアルバイトスタッフの人数が多いため、長期休暇を希望したり、急な病欠や早退・遅刻があったりと、シフトの変更を余儀なくされる場合も多い。

シフトの変更が頻繁に発生すると、記録ミスが起こりやすく、給与の計算漏れにつながることもある。また、学生のアルバイトが多いと、本人の代わりに他のアルバイトが打刻しておくなどの、不正打刻が横行する可能性もあり、飲食店の勤怠管理に関する悩みは尽きない。

勤怠管理システムで何ができる?

勤怠管理システムを導入すれば、勤怠管理やシフト表の作成が簡単にできるようになる。他にも、過重労働になりそうな場合は、事前に警告してくれるので、時間外の労働管理を任せることも。また、タイムカードとの連動で打刻もでき、不正打刻の防止設定を提供しているサービスもあるので、利用目的に合わせて選ぶことが重要だ。多店舗経営をしている場合、複数店舗での利用ができるシステムかどうかも選ぶときの参考になる。

シフト作成・管理がラクになる!

主に飲食店では、スタッフが各々違う時間帯に出勤してくるため、手作業での出退勤管理は非常に難しい。一方で、勤怠管理システムは、Excelの表と比べても機能が満載で、給与計算もすべて自動で完結するので、とても便利だ。何日もかかっていた業務が数時間で完了するため、業務の効率化だけでなく、人件費などのコスト削減にもつながる。

おすすめの勤怠管理システム

クラウド型サービスやアプリなど、飲食店におすすめの勤怠管理システムを、サービスの特長・かかる費用・使える機能について、各社比較しながら紹介していく。ぜひ勤怠管理システム選びの参考にしてほしい。

ジョブカン勤怠管理(株式会社Donuts)

ジョブカンロゴ

株式会社Donutsが提供しているサービス「ジョンカン勤怠管理」は、2017年のITトレンド年間ランキングの勤怠管理・就業管理部門で、資料請求数第1位に輝いたクラウド型の勤怠管理サービス。画面内の文章を英語に切り替えることができるので、日本語が苦手な外国人でもストレスなく使用できる。また、直感的な操作画面でシフトを作成でき、スタッフからの希望シフトを募ることもできる。

関連記事>>>
一人当たり月200円で勤怠管理がラクになる


タイプ
:クラウド型

初期費用:0円

月額費用:最低利用料金2,000円 ユーザー1名につき200円

シフト作成:ユーザー1名につき+100円

打刻:外部接続(リーダー)との連動可能、外部接続がなくても打刻可能

給与計算:「ジョンカン給与計算」との連携可能

多店舗対応:可能

メッセージ掲示板機能:メール配信機能あり




AKASHI(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)

AKASHIロゴ

パソコン、iPad、スマートフォン、FeliCaカード、ネットワーク対応ICカードリーダー(PitTouch Pro2、PitTouch Biz)による打刻ができる。また各種福利厚生や交通費清算など、手当てやポイントの申請や管理もできるクラウド型の勤怠管理システムだ。従業員によって異なる労働条件を細かく設定することができ、個々の勤怠管理がよりスムーズに行える。

関連記事>>>
対応の早さが自慢のクラウド型勤怠システム


タイプ
:クラウド型

初期費用:0円

月額費用:最低使用料金

タイムレコーダー2,000円、スタンダード3,000円、プレミアム4,000円

・タイムレコーダー ユーザー1名につき200円

・スタンダード ユーザー1名につき300円

・プレミアム ユーザー1名につき400円

シフト作成:プレミアムプランのみ

打刻:外部接続(リーダー)との連動可能、外部接続がなくても打刻可能

給与計算:「MFクラウド給与」「freee」との連携可能

多店舗対応:可能

メッセージ掲示板機能:要問い合わせ




CAST(hachidori株式会社)

CASTロゴ

hachidori株式会社が提供しているアプリ「CAST」は、アルバイト専用のコミュニケーションサービスである。従業員にアプリをダウンロードしてもらうことで、シフト管理・給与管理・勤怠管理ができる。タイムラインやチャットの機能も利用できるので、シフトを代わってほしいときの連絡などがスムーズに行える。また従業員のモチベーション管理の一環として、プロフィール登録、月間の最高給与額更新などでバッジが取得できるシステムを採用している。バッジはそのままSNSでシェアすることも可能だ。

関連記事>>>
CAST|「スマホ店長」がシフト管理を代行!


タイプ
:スマホアプリ

初期費用:0円

月額費用:有料オプションあり、要問い合わせ

シフト作成: SHOPプランのみ利用可能

打刻:スマホから打刻可能

給与計算:SHOPプランのみ利用可能

多店舗対応:SHOPプランのみ複数店舗の連携も可能

メッセージ掲示板機能:グループチャット



Touch On Time(株式会社デジジャパン)

Touch On Timeロゴ

株式会社デジジャパンが提供しているサービス「Touch On Time(タッチオンタイム)」は、クラウド型の勤怠管理システムサービスだ。安心のサポート体制と豊富な打刻サービスで、導入企業数は11,300社以上、利用ユーザーは68万人を超え、勤怠管理システム市場でシェアNo.1※を獲得した大手サービスである。

※2016年富士キメラ総研調べ 勤怠管理SaaS市場 利用ID数

関連記事>>>
勤怠管理がクラウドサービスでラクになる!


タイプ
:クラウド型

初期費用:0円

※タイムレコーダーを購入する場合は別途費用が必要

月額費用:ユーザー1名につき300円

シフト作成:対応

打刻:外部接続器購入で指紋・ICカード・パスワード入力の3つの打刻が可能

給与計算:他の給与計算ソフトにデータを取り込むことで可能

多店舗対応:可能

メッセージ掲示板機能:要問い合わせ



Fooding Journal(株式会社プロス)

Fooding Journalロゴ

株式会社プロスが提供しているサービス「Fooding Journal(フーディングジャーナル)」は、クラウド型の勤怠管理システム。多店舗展開している飲食店向けのサービスで、販売管理・勤怠管理・原価管理・損益管理ができるオールインワンパッケージとなっている。必要な機能だけ契約することも可能。パソコンやIT機器に不慣れな人でも、直観的でわかりやすい操作性が特徴だ。

タイプ:クラウド型

初期費用:要問い合わせ

月額費用:要問い合わせ

シフト作成:対応

打刻:パソコン・タブレット・ICカード・指静脈認証など

給与計算:他の給与計算ソフトにデータを取り込むことで可能

多店舗対応:可能

メッセージ掲示板機能:グループウェア機能



かえる勤怠管理by飲食(株式会社ITZマーケティング)

かえる勤怠管理ロゴ

株式会社ITZマーケティングが提供しているサービス「かえる勤怠管理by飲食」は、クラウド型の勤怠管理システムだ。打刻方法は、スマホ・ICカード・タブレット・FAXの4種類から選択できる。FAXを利用した場合でも、数字は自動的にデータとして蓄積。手書きで書かれたものでも、わざわざ入力する必要がない。

タイプ:クラウド型

初期費用:0円

月額費用:システム使用料 1拠点につき5,000円 (人数課金なし)

※2拠点目以降システム利用料は0円、タイムレコーダーレンタル料が1台につき5,000円必要

シフト作成:別料金月額5,000円で利用可能

打刻:スマホ・タブレット・ICカード・FAXなど

給与計算:他の給与計算ソフトにデータを取り込むことで可能

多店舗対応:可能

メッセージ/掲示板機能:要問い合わせ

※すべてのサービスの表示価格は税別

勤怠管理システムを選ぶ際のポイント

様々な会社が勤怠管理システムサービスを提供しており、その種類もクラウド型やアプリサービスなど様々である。まずは、自店に必要な機能を考えるところから始めてみよう。多店舗経営を考えている店舗は、後々利用人数や利用店舗を増やせるかを考慮し、サービスを選択しよう。また、給与計算やPOSレジ機能をまとめて追加したい場合、機能に対応しているシステムを選ぶことも重要だ。特に経営方針が決まっていない店舗でも、自店に合ったシフト作成や管理機能に対応しているか、最低限確認しておくべきだろう。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。