商材|IT・情報 2018.07.24

一人当たり月200円で飲食店の勤怠管理は劇的にラクになる

一人当たり月200円で飲食店の勤怠管理は劇的にラクになる
1
『ジョブカン』はバックオフィス支援クラウドサービス
2
飲食店における勤怠管理の課題を解決してくれる
3
低コストで導入でき、無料のトライアルも可能

株式会社Donutsの『ジョブカン』シリーズは、あらゆる業態・規模の企業に対応するバックオフィス支援のクラウドサービス。『ジョブカン勤怠管理』は、残業や深夜労働などの労働データをリアルタイムで確認でき、シフト管理や工数管理まで一元化できる。8年以上の運用暦と25,000社以上の導入実績があり、飲食業界でも利用しているケースは多い。

ジョブカンのメイン画像

勤怠管理の課題を一気に解決

飲食店における勤怠管理の課題といえば、不正打刻にはじまり、シフト管理や集計作業に手間や労力がかかることなどがあげられる。『ジョブカン勤怠管理』には、これらの課題を解決する豊富な機能が用意されている。

出勤管理・多彩な打刻機能

従業員の勤務状況をリアルタイムで確認でき、拠点ごとの勤怠管理もラクにできるようになる。スタッフの打刻状況(勤務中、休憩中、遅刻など)を、管理画面から一覧で確認できるので、不正打刻の防止、打刻忘れ、打刻のミスがなくなる。また、就業環境に合わせた多彩な打刻方法が選択でき、ICカードやPCはもちろん、モバイルGPSやLINE打刻にも対応している。

勤怠状況確認画面のイメージ

簡単・便利なシフト管理機能

アルバイトを多く抱える店舗では、シフトの提出管理から調整作業までに膨大な時間がかかっている場合がある。『ジョブカン勤怠管理』では、直感的にシフトが作成でき、複雑なシフトや夜勤にも対応。また、従業員はモバイル端末からシフトの提出や確認ができるようになる。さらに、外国人労働者など労働時間に上限がある人にアラートを設定できる機能や、キッチンやホールなどポジションごとのシフト作成も可能だ。

シフト管理画面のイメージ

集計作業の効率化

勤怠管理に関する労働データをクラウドに一元化できるので、完全ペーパーレスが実現できる。これまでタイムカードを朝までかけて集計していた作業が、自動で全データを計算してくれる。導入店では、集計の労働時を75%削減できた例も。

うれしい低コスト

『ジョブカン』シリーズは、機能の組み合わせは自由自在。すべての機能を利用することも、必要な機能だけ使うこともできる。

『ジョブカン勤怠管理』の場合、出勤管理の機能だけであれば1ユーザーあたり200円/月で利用できる。「シフト管理」や「工数管理」機能を追加する場合は、各機能ごとに1ユーザーあたり100円/月がプラスされる。また、『ジョブカン労務管理』や『ジョブカン給与計算』などの姉妹サービスと連携して利用することも可能。

連携でより多機能、便利に!

『ジョブカン』シリーズの『ジョブカン給与計算』との連携機能では、ボタン一つで勤怠情報を受け渡すことが可能で、他にはない効率的な給与計算業務が実現できる。また、『ジョブカン採用管理』はIndeedと連携しているため、応募者の増加が見込めるようになる。

『ジョブカン』シリーズがあれば、勤怠から給与、労務に至るまでバックオフィス系の業務が劇的に効率化できる、といっても過言ではない。まずは自店に必要な機能を検討し、無料のお試しアカウントで利便性を体感してみるのも一つの手だ。

関連記事