商材|人材・採用 2018.06.20

「スマホ店長」がシフト管理を代行、店長待望のツールが登場!

「スマホ店長」がシフト管理を代行、店長待望のツールが登場!
1
店長の業務負担を軽減してくれるアプリ『CAST』
2
シフト管理をはじめ、店長の業務を効率化
3
人件費をすぐに確認でき、今後も便利な機能が拡充

hachidori株式会社は、飲食店などに向け、アルバイトのシフト管理や給与計算などもできるアルバイト専用コミュニケーションアプリ『CAST(キャスト)』を開発。アルバイトとコミュニケーションを図るチャット機能をはじめ、店長の業務負担を軽減してくれる機能が満載。中でも、シフト管理業務の大部分をチャットボットの「スマホ店長」が半自動で代行してくれる機能は、何かと忙しい店長にとっては絶対に見逃せない!

『CAST』開発の背景とは

採用難や人材不足が問題となっている飲食店において、「店舗内コミュニケーションの活性化」は離職防止など店舗経営の大きなテーマのひとつ。アルバイトとのコミュニケーション手段として、プライベートのチャットツールを利用している、という店長も多いはず。

しかし、hachidoriの行った、アルバイト400人対象のアンケートによると、そもそもバイトのグループに否定的な意見を持つ人は約57%に上った(SNSでバイト専用グループがある割合約63%)。その要因としては、「公私が分けられない」「シフトの管理が煩雑になる」などが多かった。そこで、アルバイトのコミュニケーションを円滑化し、ストレスを軽減する特化型アプリ『CAST』の開発を思いついたという。

『CAST』の機能とは

『CAST』はシフト管理などの店舗内コミュニケーションをスムーズに行う、お店とアルバイトのプラットフォーム。プライベートのSNSと同様、店舗で働くすべての人とチャットでコミュニケーションが取れるのはもちろん、専用アプリのため、これまで時間を要していたシフトの提出依頼や募集、管理などをアプリの中で簡単に行うことができる。また、個々人の給与設定もでき、シフトの入っている人員の人件費もすぐに確認することが可能だ。

『CAST』の機能

注目のシフト管理機能

従来、時間を多く割いていた、「シフトの提出依頼・催促」や「表計算ソフトへの転記」、「シフトの作成」「シフトの周知」といった定型的な業務を、チャットボットの「スマホ店長」により半自動化できる。また、急なアルバイトのシフト交代や、人員募集などにも対応可能。

実際に導入した店舗では、従来は1人あたり月に1時間程度を要していた作業が、5分程度に軽減されたという。

シフト管理機能

『CAST』はアプリをダウンロードするだけですぐに利用できる。今後は、簡易勤怠管理機能や給与振込機能、タイムライン機能を追加で実装していくという。このコミュニケーションプラットフォーム『CAST』によって、店長の悩みは解決でき、本来の業務に集中できる環境が作れるに違いない。

CASTのアップデート予定

■バイト専用コミュニケーションアプリ『CAST』公式サイト https://cast-baito.com/

資料請求(無料)
『CAST』
hachidori株式会社
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事