商材|IT・情報 2018.08.23

ソニーグループが提供!対応の早さが自慢の簡単クラウド型勤怠システム

ソニーグループが提供!対応の早さが自慢の簡単クラウド型勤怠システム
1
シンプルで簡単、直観的に操作ができる勤怠システム
2
週1回のメンテナンスでユーザーの声を反映
3
満足度98.3%!ライヴチャットの迅速なお客様対応

大手企業であるソニーのグループ会社、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する、クラウド型勤怠管理システム『AKASHI

2004年からスタートした勤怠管理システムのノウハウを残し、デザインや使いやすさをリニューアルして2016年5月にリリース。「広く汎用的に使用してほしい」との思いから、より細かい部分にこだわり、ユーザーの声を広く取り入れている。ネームバリューのある企業が提供しているため、安全安心に使用できるのもメリットだ。

店舗ごとにより使いやすく便利に

同社が提供する勤怠システムは、とにかくシンプルでわかりやすいフォーマット。どこでどんな事をしたら良いのか、ITに疎い方でも直観的に操作できるのがうれしい。簡単操作だけでなく、各店舗ごとに使用しやすいようカスタマイズも可能。例えば勤怠ボタンの「名称変更」や、使うボタンのみ表示する「非表示設定」などの機能があり、打ち間違いやユーザーの混乱を防いでくれる。

「シフト管理機能」では、簡単にシフト作成することができ、メッセージ付きのシフト募集がかけられる。有資格者(ソムリエや栄養士、調理師など)の勤怠管理もできる優れもの。出勤指定人数が足りない場合は画面上でアラートが表示される仕組みで、ほかにも打刻忘れアラートや勤務時間の管理が容易。

サポート体制の充実

困った時にはライヴチャットやメール、電話で対応可能。9:00〜18:00の間であれば、どんなに小さなことでも解決してくれる。特にチャットは返信の早さと内容の満足度が98.3%(AKASHI調べ)という高評価。実際に使用したユーザーからも「チャットの返信が驚くほど早く、ラインをしているような感覚で使用できた。困っていたのでありがたかった」など、対応に満足する声が多く届いているという。また、マニュアルや動画での操作説明も充実しているので、とにかくわかりやすい。さらに、はじめの登録作業に自信のない方には、初期設定サポートもある。店舗状況などをヒアリングをして、各店舗にあった適切な設定を50,000円から行ってくれるので、活用してみるのもありだ。

うれしい低コストと無料トライアル

大手企業が提供するサービスとなるとコストを心配してしまうが、『AKASHIは月額1人200円からと安価で初期費用も無料。その月に使用した人数分のみ月額費用が発生する仕組みなので、適正なコスト管理ができるのもうれしい。また、他社製品との連携が可能なため、人事や労務管理、給与計算のクラウド型ソフトとの連携で、手間削減と業務効率化、集計コストの削減が可能になる。

勤怠管理に多くの時間を割いている方、面倒な作業をなくしたい方、経営改善をしたい方は、ぜひクラウド型勤怠システム『AKASHI』を導入してみてはいかがだろうか。30日間の無料トライアルがあるので、一度試してみるのも良い。

資料請求(無料)
クラウド勤怠管理システム『AKASHI』
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事