悩み解決|売上 2018.01.15

月額1万円で店舗アプリが作れる!「アプリ接客」で効率良く集客しよう

月額1万円で店舗アプリが作れる!「アプリ接客」で効率良く集客しよう
1
リピート率を上げるには「アプリ接客」が有効
2
月額1万円から「店舗アプリ」が作れる
3
専門知識がなくても始められる!まずは試してみては

GMO TECH株式会社が運営している『GMOアップカプセル』は、集客に直結する様々な施策を実現できる「高機能な店舗アプリ」を作成・管理し、店舗の集客を強力に支援してくれるサービス。初期費用を抑えて簡単にスタートできるのが特徴で、飲食店を中心に累計導入数4,000店舗(2018年2月時点)の実績があるという。順調に導入数を伸ばし、飲食店の集客数を向上させている『GMOアップカプセル』の魅力を取材しました。

飲食店から能動的に情報発信

「リピート率をもっと上げたい」「既存のお客様の満足度を向上させたい」など、飲食店経営の悩みは尽きませんよね。近年、ECサイトで実店舗と同じようにお客様個別にコミュニケーションをとる「Web接客」によって集客やリピート率を上げる施策をとるお店が多くありますが、独自の店舗アプリを作成し、個々のお客様に最適な情報を発信する「プッシュ通知」で来店増進・売上向上につなげている事例も多くなっています。

アプリ作成の大きな目的は「顧客の囲い込み」。リピート客を増やすためにアプリに搭載されたクーポン、ポイントカード機能などを使って情報発信をアプリで一本化することができれば店舗にとって「煩わしくない」「印刷や発行の費用がかからない」などのメリットがあります。

低コストとブランディングがカギ

『GMOアップカプセル』は1万円(月額料金/初期費用別途)の低予算で始められる「ブロンズプラン」、月額3万円の「シルバープラン」、複数店舗用の「ゴールドプラン」があり、個店の場合はアプリの効果を手軽に体感できる「ブロンズプラン」がオススメ。まずはブロンズで様子を見て、シルバープランに変える店舗も多いという。

このように多様なプランから自店に最適なサイズをチョイスして始められるのが特徴のひとつです。また、豊富な料金プランだけでなく、自店のブランディングも可能なほどデザインテンプレートが多いのも魅力。例えば、デザインは240種類以上のテンプレートを用意。ホーム画面も6種類のメニューパターンから選ぶことができます。また、上位版として『GMOアップカプセルPRO』もリリースされている。「PRO」は個別のカスタマイズが可能で、要望に合わせた機能の追加やレイアウトなどができるのが魅力。

でも、運用が大変なのでは?

アプリの機能としては、お店のファンを増やすための「スタンプカード機能」「クーポン機能」をはじめ、お店の料理写真でリアルなイメージを訴求できる「ギャラリー機能」や、お客様にダイレクトに情報を届けられる「プッシュ通知機能」、指定したエリアにいるお客様だけに情報を届けられる「ジオプッシュ機能」など、集客やリピート率の向上に役立つ機能が充実。しかも、これらの機能がPCからの簡単操作で行えるので、運用もラクラク。さらに、「アンケート機能」で取得したユーザー特性にセグメントし、1人1人にあった情報配信を行う“one to oneマーケティング”も可能になります。

「店舗運営で忙しい」「新しいサービスを使いこなす時間がない」など、日々の店舗運営で手一杯な方こそ、専門知識がなくても始められる『GMOアップカプセル』で、「アプリ接客」をはじめてみてはいかがでしょうか。

関連記事