悩み解決|効率化 2019.03.26

サブスク機能搭載の『Insight Core』で集客アップをめざす!

サブスク機能搭載の『Insight Core』で集客アップをめざす!
1
『Insight Core』は集客アプリの開発だけではない!
2
「お得定期券」で毎月安定した収入を見込める
3
ここまでできて驚きの低価格
株式会社エンターモーションが提供する『Insight Core(インサイトコア)』は、スマートフォンアプリを活用し、 店舗集客を実現するサービス。デジタルでの集客に困っている、やり方がわからないという飲食店オーナー必見の次世代アプリだ。豊富なアプリ運営の経験で培った、店舗集客を成功に導くノウハウが詰まっている『Insight Core』の魅力についてインタビューした。

『Insight Core』はどういうサービス?

一言で言うと、「紙でやっていた集客施策が全部ひとつのアプリでできるサービス」とのこと。その言葉のとおり、ポイントカードやクーポンなど、顧客と店舗の関係を強化するサービスは、すべて『Insight Core』に搭載されている。
他社の集客アプリサービスとの大きな違いは、戦略・立ち上げから開発後の運営サポートまでを一貫しているところだ。「集客のやり方がわからない、もしくは他の店舗がやっていたから真似をしたい、ではお客様は集まりません。自社で持っている集客のノウハウを使って店舗の成功のために一緒に走っていくイメージです」と、代表の竹村さんは話した。

アプリのプランニングについては、事前に『Insight Core』の利用目的やターゲットなどから、どのような内容にしていくかを決定していく。店舗のオリジナルアプリが完成したら、その後はアプリ内のどのコンテンツにユーザーが反応しているかなどの数値をレポートにして改善提案もしてくれる。まさに、集客をどうしたら良いのかわからないという店舗のためにあるサービスだ。

Insight Core

サブスクリプション型「お得定期券」の効果

『Insight Core』にはさまざまな機能があるが、竹村さんのおすすめはサブスクリプション型の「お得定期券」の機能。
「これまでアプリ導入による費用対効果がよくわからなかったものが、売上にしっかりと反映されるので測りやすくなりました。店舗には定期的に売上が入ってくるし、お客様はお得にお店を利用できる。win-winの関係を築くことができます」と話した。
「お得定期券」の使い方は非常にシンプル。ユーザーはアプリ内から定期券を購入し、チケットを店員に見せるだけ。お店側は、画面表示を確認するのみでレジでの売上計上は必要ない。操作が楽なのもおすすめできるポイントのひとつだ。
「お得定期券」は居酒屋業態におすすめ。すでに導入している「金の蔵」では月額4,000円で飲み放題が毎日利用可能になるサービスを開始している。リピート率の向上や顧客満足度を上げる効果が見込まれる。

お得定期券のスマホ画面

『Insight Core』でできること

「お得定期券」だけでなく、もちろんクーポン配信やポイントカードなどの機能も実装可能。どの機能をどのように使うかはプランニングの時点で同社担当と決定する。さらに驚きなのが『Insight Core』導入の価格だ。初期費用無料、月額68,000円から導入可能。
アプリの導入や集客に興味があるけれど一歩が踏み出せない、という店舗にはぜひ使ってほしいサービスだ。
資料請求(無料)
『Insight Core(インサイトコア)』
株式会社エンターモーション
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事