EATAS
宣伝・集客|SNS2021.02.24
EATAS

[SNS初心者必見] 効果的なSNS運用法を身につけて店舗集客に役立てよう!

[SNS初心者必見] 効果的なSNS運用法を身につけて店舗集客に役立てよう!

誰しも一度はSNSという単語に触れたことがあるだろう。
現代、SNSは主要な集客ツールとなっている。
しかし、SNSの根本を理解し、集客面で成果をあげている人はどれくらいいるだろうか。

SNSについてよくわからない...
使ってみたけど成果が出ない...

上記のような悩みを解決すべく、今回はSNSについての入門知識から実践的な内容まで解説する。

本記事は下記のような方におすすめ
・飲食店をはじめとした店舗経営者
・SNSについて基礎的な部分から知りたい方
・SNSを集客ツールとして活用しているが、なかなか成果が出ない方


本記事を読むことによって得られること
・SNSの基礎的な内容を知ることができる
・SNSで集客をするために必要な知識が身につく
・SNSの効果を最大限に引き出すサービスを知ることができる


そもそもSNSとは

SNSとはS(ソーシャル) N(ネットワーキング) S(サービス)の略である。
WEB上で社会的ネットワークを構築するサービスのことだ。
簡単に言えばweb上で行われるコミュニケーションである。
登録することで誰かと繋がりを持ったり、会話を楽しむことができるという点がSNSの特徴だ。
現代では情報発信のために欠かせないツールとなっており、プライベートのみならず、ビジネスシーン等で幅広く活用されている。
SNSは飲食店を始めとしたスモールビジネスとの相性が良い。

SNSでできること

SNSの定義は理解できただろう。
それでは、具体的にどのようなことができるのか?
SNSでできることは大きく分けて3つある。

・web上でコミュニケーションを取ることができる
・日々の出来事を公開することができる
・情報を収集・発信することができる


それでは順番に解説していく。

web上でコミュニケーションを取ることができる

SNSはweb上で友達とのネットワークをつくることができる。
まず、自身のアドレス帳にいる人とSNS上で友達になり、次第に友達からその友達へコミュニティーを広げることが可能。
そうして、繋がった友達とチャット等でコミュニケーションを取ることができるようになる。

日々の出来事を公開することができる

SNSは日々の出来事を日記のように、投稿することができる。
テキストだけでなく、写真や動画を活用し、友達に共有することも可能。
この機能はSNSの大きな魅力だろう。

情報を収集・発信することができる

SNSは検索ツールとしても大きな役割を果たす。
スポーツや好きなアイドルの近況、気になる飲食店等幅広い情報を検索することができる。
また、その逆で自身がユーザーの役に立つ情報を発信することもできる。
例えば、飲食店を経営している場合、営業時間や料理の詳細、アクセスを発信することだ。

SNSとメールの違い

コミュニケーションツールと聞くと、SNS・メールの違いが分からなくなってくるだろう。
メールも一種のコミュニケーションツールであるため、困惑してしまうかもしれない。
しかし、SNSとメールには明確な違いがある。
それは、日記やメッセージ等を使って不特定多数の人間と繋がりを持てるか持てないかの違いだ。メールの場合、メッセージのやり取りはあるものの、基本的には1対1。
アドレスを知らない限り、多数の人間と関わることはないだろう。また、日記や投稿機能が備わっていない。
対してSNSは知っている者同士のやり取りはもちろんのこと、不特定多数の人と繋がることが可能になる。

SNSの代表例


SNSといっても種類はいくつかある。そのため、どのツールを使えばよいか考えてしまうのではないだろうか。
そこで、本章では有名なSNSについて紹介する。

Facebook(フェイスブック)

Facebookは世界で最も登録者数の多いSNSだ。
実名登録制ということもあり、ビジネスシーンでの利用に役立つ。

利用層:30代~40代
ユーザー数(世界):22億円
ユーザー数(国内):2,600万人

Twitter(ツイッター)

Twitterは140文字以内のテキストを投稿するというシンプルな機能のSNSだ。
TwitterはSNSの中で最も拡散力に優れている。

利用層:10代
ユーザー数(世界):3億3,000万人
ユーザー数(国内):4,500万人

LINE(ライン)

LINEは無料でできるチャットツール。
国内ユーザー数は他のSNSよりもダントツで多い。多くの日本人の連絡手段になっている。

利用層:10代~50代まで幅広い年代
ユーザー数(世界):2億1,700万人
ユーザー数(国内):8,600万人

Instagram(インスタグラム)

Instagramとは写真・動画をメインとしたSNS。
他のSNSよりもビジュアルを注視したツールである。
現在ユーザー数は右肩上がりのため、今後も期待される。

利用層:10代~30代(女性多め)
ユーザー数(世界):10億人
ユーザー数(国内):3,300万人

YouTube(ユーチューブ)

Facebookの次にユーザー数の多いSNS。
YouTubeは豊富なコンテンツを取り揃えた世界最大級の動画共有サービスである。

利用層:10代~20代
ユーザー数(世界):20億人
ユーザー数(国内):6,500万人

SNSはビジネスと相性が良い?

SNSがビジネスと相性の良い理由はユーザーの情報収集のやり方にある。

MMD研究所とマカフィー株式会社は共同で「高校生、大学生、社会人20代・30代のSNS利用に関する意識調査」を行った。

「SNSを利用してよかったこと」という質問に対し、53.9%が「役立つ情報を得ることができる」と回答。

また、株式会社アスマークが行った若者のSNS利用に関する調査によると、SNSは「スマホアプリ、飲食系、スキンケア、メイクアップ化粧品」の認知を獲得しやすいということが分かった。特に20代女性は「食」「美」にまつわる情報の検索にSNSを積極的に活用するようだ。

上記の結果からSNSを通じて情報収集をしているユーザーが多数いることが分かる。

これまでは検索エンジンを通して情報を得るのが一般的であったが、近年はSNS上に情報が転がっているため、ユーザーは楽に情報収集をできるようになった。
そのため、SNSを活用しなければユーザーに声が届きにくくなっている。

また、企業の広告宣伝は高額な費用が必要となるが、SNSの場合、無料で活用することができる。そのため、コストをかけずに認知度を高めることができる重要な広告ツールだ。

ユーザーの情報収集の変化とSNSを活用することによるコストパフォーマンスの2点から、SNSはビジネスに相性の良いツールであるということが読み取れる。

飲食店に効果的なSNSは?


飲食店に効果的なSNSはInstagramだ。
Instagramが飲食店に効果的な理由は2つ考えられる。

1つ目は写真を通したコミュニケーションツールであるため、店舗のビジュアル・雰囲気を伝えやすいからだ。
写真を使用することにより、料理の質や店舗のおしゃれさをより訴求しやすくなる。
そのため、飲食店とInstagramは非常に相性が良い。

2つ目は店舗探しの際に、Instagramを利用して検索するユーザーが多いからである。
日経クロストレンドと株式会社テスティーは飲食店情報サービスの利用動向について調査を行った。(10代:318件、20代:334件、30代:327件、40代:324件)
調査によると、飲食店を探す際、最も利用するサービスについて質問した結果、全年代にInstagramを活用すると回答した人がいた。
Instagramは飲食店情報サービスとして、SNSの中で唯一ランクインした。(Instagram利用率:10代19.5%、20代7.5%、30代2.8%、40代0.6%)

上記のようにInstagramはコミュニケーションツールにもなり、検索ツールにもなりえる。
リピーター生成のため関係性を築くことも、新規集客に活用することもできる優秀なツールだ。

SNS集客を行うにあたり必要な施策

ただ漠然とSNSを使っているだけでは、効果は期待できないだろう。
なぜならSNSを活用している店舗は五万といるからだ。
他店と同じように使っていたとしても、ただの比較対象として埋もれてしまうだけだろう。
店舗に人を集めるためには、ターゲットに刺さる情報を発信する必要がある。

待ちの姿勢では集客できない。そのため、店舗側から顧客にアプローチして来店にひきつける施策が必要となる。
いかに顧客の習性や好みを理解し、他店よりもアプローチできるかが重要だ。

しかし、自力で顧客の行動を分析し、発信内容を考えるというのはかなりの労力が伴うだろう。
労力を削り、集客したいという方はSNSのプロの力を活用するほかない。
プロの力を借りてSNS集客をしたいという方は次章を参照。

SNSコーチングを活用して人が集まるお店にしよう!

SNSはビジネスをするうえで効果的なツールであるが、正しい方法で使用しなければ、効果が見込めないということが分かった。
SNSで成果をあげたいと考えた場合、効果的な運用方法を学習し、身につけていく必要がある。
しかし、飲食店を経営することは非常に大変なことだ。その傍らでSNSの活用法について学習することは膨大な時間を費やすことになる。
店舗経営に集中しつつ、SNSを運用していきたいと考えている人が多いはずだ。

そのような人に最適な方法がある。
SNSコーチングサービスを利用することだ。

SNSコーチングサービスを提供するSYMPLE株式会社は、Instagramを用いて、集客の悩みを解決。
SNSのプロのノウハウとAIシステムを活用して、店舗に人が定着する仕組みづくりをする。

新型コロナウイルスの影響により、集客に頭を抱えている店舗が多いだろう。
そのような状況を打破するためにも、SNSコーチングサービスでSNSの効果的な運用方法を身につけ、人が集まるお店に生まれ変わろう!

下記の記事にはSNSコーチングサービスの詳細が書かれている。
集客に頭を抱えている店舗オーナー様は是非参考にしてほしい。

SNSの活用法を間違えていませんか?リピーターを増やす効果的なサービスを教えます!
関連記事

関連記事