EATAS
宣伝・集客|SNS2021.01.20
EATAS

SNSの活用法を間違えていませんか?リピーターを増やす効果的なサービスを教えます!

SNSの活用法を間違えていませんか?リピーターを増やす効果的なサービスを教えます!

現代の店舗集客ではSNSの活用が必須となっている。
しかし、有効的にSNSを活用できている店舗はどれくらいいるだろうか?
SYMPLE株式会社はSNS集客を通じて、店舗に人が集まる仕組みを提供する。

今回はSYMPLE株式会社が提供するSNSを活用したリピートシステムについて解説する。

人が集まる店舗とは?

そもそも人が集まる店舗とは何か?
特に、コロナ渦では来店客数に困る店舗とそうでない店舗に明暗が別れている。
現代社会は情報で溢れており、ネットでなんでも探せる時代となっている。
そのためただ漠然とSNSを活用したところで、他店と横並びになり比較されるだけだろう。
本来あるべき姿はインターネットを介さずに直接店舗に来店してもらうことだ。
そのためには店舗のリピーターを着実に作っていかなければいけないということが読み取れる。

リピーターを作るためには

リピーターを作るためには具体的にどのようなことを行ったら良いのだろうか?
結論からいうと、リピーターを獲得するためには、顧客と個人的に繋がる必要がある。
多くの店舗は商品やサービスの提供がメインになってしまい、次回以降に繋がる施策が欠けている。
「美味しかった、また来ます」という顧客の一言を鵜呑みにしたり、クーポンを渡して顧客の判断に頼って再来店を待つのではなく、自ら顧客との関係性を築き、再来店に誘導することが重要である。

そのため、リピーターを作るにはオンラインでの個人的な繋がりが大切だ。

次章では店舗のリピーターを増やすため、SYMPLEが提供する「リピートシステム」について解説する。

SYMPLEが提供するリピートシステム

SYMPLEが提供するリピートシステムは、蓄積されたマーケティングノウハウとAIシステムを用い、リピーターを増やすために店舗のInstagramを最適化する。

それでは具体的にどのような工程でリピーターを増やしていくのだろうか?

なぜInstagramを活用?

数あるSNSの中で、なぜInstagramが用いられるのだろうか?
理由はシンプルであり、Instagramはビジネスとの相性が非常に良いからだ。
Instagramは店舗の料理、ビジュアルをアピールするだけでなく、会社・個人の関係をアプリ内で許容し、チャット、コメントといった連絡ツールとしても使用することができる。
そのため店舗と顧客の関係性を強めることができ、再来店を意識してもらうことに繋がるだろう。

また、来店客とのやり取りがフォロワーにも表示されるため、新規顧客の獲得機会に繋がるという点も魅力的だ。

リピートシステムの流れ

リピートシステムの流れは下記の通りである。

1,InstagramのQRコードを店頭に提示
2,顧客が店舗のInstagramをフォローした後システムが検知し顧客リストを作成
3,アナライズ(顧客分析)
4,店舗にリマインド


顧客のアカウントをAIが分析し、最適なアプローチを教授するといった非常にシンプルな流れとなっている。
特徴的な点として、アナライズ(顧客分析)の工程で、顧客の好みや特徴を把握することができる。
何も考えず再来店を促したところで来る人来ない人が分かれるのは当たり前だろう。なぜなら全員が全員同じ人間ではないため、好みや特徴が変わるからだ。そのため、それぞれに刺さる、適切なアプローチ法を踏まえたうえで店舗と顧客の関係を築いていかなければいけない。
SYMPLEが提供するリピーターシステムを活用することによって、それぞれの顧客にどのようなアプローチを行えば効果的なのか把握することができる。そのため店舗のリピーター増加に繋がり、豊かな店舗経営を行うことができるだろう。

リピーター作りにお困りの方はSYMPLEへ

SYMPLEは店舗に顧客が定着する仕組みを作ることを目的としている。
SNSマーケティングのノウハウとリピーター獲得のために用いられるAIシステムを活用して「人が集まるお店」へと変化を遂げることができるのだ。
現在はコロナ渦によって客足が遠のいている飲食店が多いため、SNS集客はより注目されているだろう。
コロナ渦を乗り越え、有効的な集客を施したいと考えている店舗は導入すべきだ。

関連記事