悩み解決|効率化 2018.01.26

安心の定期訪問サポートがうれしい、クラウド型のPOSレジ

安心の定期訪問サポートがうれしい、クラウド型のPOSレジ
1
安価にスタートできる『Orange Tablet』が人気
2
「顧客管理機能」や「レシピ機能」でCSが向上
3
「定期訪問サポート体制完備」で操作も安心!

数あるタブレットPOSですが、今回は飲食店の業態やオペレーションによって機能の組み合わせが自由自在な『Orange Tablet』シリーズを取材&ご紹介します。

売上を単商品単位で集計し、集計結果に基づいて売上や在庫を管理したり分析が行えるPOSシステムは、大きく分けると、レガシー(据え置き型)POSとタブレットPOSがある。最近では安価で導入でき、操作がカンタン、また手持ちのiPhoneやiPadを操作端末として利用できること、さらにクラウドサービスとの連携によるリアルタイムな売上管理や集計・分析、機能拡張が手軽に行えるタブレットPOSの導入が進んでいます。

必要な機能だけを組み合わせ可能

株式会社フォーバル(東京・渋谷区)の『Orange Tablet』シリーズは、飲食店の店舗業務に必要なデータを一元管理できるタブレットPOSシステム。タブレット型POSレジの『Orange POS』と、オーダーエントリーシステム(OES)の『Orange Handy』を中心に、以下の3つの機能を自由に組み合わせることができ、店舗に必要な機能構成で安価にPOSシステムが導入できるのが最大のメリット。

  • 『Orange Signage』――タブレット端末で実現するデジタルサイネージ
  • 『Orange Reserve』――飲食店・レストラン向け予約管理システム
  • 『Orange Stock』――日々の在庫管理から棚卸までを一括で管理

お客様の満足度を第一に考える

『Orange POS』は、iPad端末を使用する多店舗展開に強いPOSシステム。個店からFC店までさまざまな規模の飲食店に幅広く対応が可能となっている。特徴的な機能は「顧客管理機能」。常連のお客様の情報をPOSに入力することができ、前に来店された時は何を注文したか、いつも頼むお酒は何なのか、どのような会話をしたのかなど、予約や会計の時にそれらの情報をもとに会話ができ、リピーターの獲得やお客様の囲い込みに活用できる。

Orange POS

『Orange Handy』は、iOS端末を使ったハンディオーダーエントリーシステム。同社が特許を取得している「2タップオーダー機能」は、アルバイトの新人スタッフでも直感的に操作できることが最大の特徴。オーダーを取ってキッチンへ送信、空席状況やお客様の入店経過時間の確認、配膳済み/未配膳のオーダーを確認するといった店内の状況把握など、店舗業務に最適化された機能を多数標準搭載している。また、他にはない機能として「レシピ機能」があり、アレルギーや食材などの情報はもちろん、お酒の味の特徴や産地、それに合う料理などの情報を入れることができるため、誰でも“プロの接客”ができる。入れ替わりの激しいアルバイトスタッフへの教育コスト削減にもつながる。

Orange Handy

店舗に必要な機能を連携させていくことで、レガシーPOSと比べても遜色のない機能が備わる『Orange Tablet』シリーズ。

コスト面と柔軟性に優れている点だけでなく、「定期訪問サポート体制完備」などフォロー体制が万全なところも多くの飲食店に支持されている。POSシステムの導入効果を「お客様の満足度の向上」に繋げたいと考えたとき、『Orange Tablet』を選択する飲食店が多いのは確かなことのよう。

関連記事