悩み解決|経営 2019.01.28

飲食店開業するならフランチャイズ?|失敗しないポイントとFCサイト比較

飲食店開業するならフランチャイズ?|失敗しないポイントとFCサイト比較
1
FC加盟で飲食店を開業するメリットデメリット
2
FC加盟で失敗しないためのポイント
3
FCの探し方|情報サイト5選比較

目次

飲食店を開業するにあたり、フランチャイズ(以下、FC)への加盟を検討している方も少なくないだろう。しかし、自身で開業するのと、FCに加盟して開業するのとでは何が違うのか、どちらがいいのか悩んでいる方が多いのも事実だ。そこで、ここではFCに加盟するメリット・デメリットについてまとめてみた。FCが探せる情報サイトについても比較・紹介するので、ぜひ目を通してほしい。

FC加盟で飲食店を開業

FC加盟での開業を検討するのなら、まずは基本的な知識を得る必要がある。まずはFCとは何かについて具体的に知っておこう。

FC加盟で飲食店開業のイメージ

そもそもFCとは?

加盟店を統括する本部(フランチャイザー)があり、加盟したお店(フランチャイジー)は本部から看板、商標やロゴ、サービスを使う権利を手に入れることができる。また、確立されたノウハウを入手でき、店舗経営のやり方についてもアドバイスをもらうことが可能だ。

FCに加盟するにあたっては、加盟金が必要となる。また、商標やサービス、ノウハウを提供してもらうため、ロイヤリティの支払い義務が生じるのも特徴だ。加盟金やロイヤリティの額は、本部であるフランチャイザーによって異なる。

自身で開業することの違い

一口に飲食店FCと言っても、現在では多彩な種類が存在する。カフェや居酒屋、ラーメン店、カレー店、ファミレスなど、実にさまざまな飲食FC店が営業している。

2017年度のJFAフランチャイズチェーン統計調査によると、外食業におけるチェーン数は576件となっている。また、店舗数は58,554件と非常に多く、いかにたくさんの飲食店がFCに加盟しているかがわかる。これだけ多くのFC展開の店舗が多い一方で、もちろん独立して運営しているお店も多数存在する。自身で開業するのと、FCに加盟するのとではどこがどう異なるのだろうか。

一番の違いとして挙げられるのは、自由度だろう。FC店の場合、全国どの店舗に足を運んでも、同じ外観・同じ品ぞろえ・同じ経営手法、というのが基本だ。すべてにマニュアルや規則があり、運営にあたってはたくさんの縛りがある。

しかし独自運営の場合は規則に縛られることなく、外観や内観も、品ぞろえも経営手法も自分で自由に考え、実行できる。しかし裏を返せば、成功するのも失敗するのもすべて自分の責任であり、リスクは高い。さらに販促などの集客手段もすべて自分で考えて行わなければならない。いわば大海原を手探りで泳いでいくようなものだ。FCはさまざまな縛りがある一方で、経営ノウハウを本部から与えてもらうことができる。つまり自身での開業は、自由度は高いが、経営ノウハウは自身で勉強し身に着けていかなければならない、ということだ。

FCのメリット・デメリット

具体的にFCに加盟することでどのようなメリットを得られるのだろうか。メリットはいくつもあるが、FCにはデメリットもあるため、どちらも理解しておく必要がある。しっかり確認しよう。

FCのメリット・デメリット

メリット:ノウハウが得られる

これから飲食店を始めようとしている人の中には、ノウハウも知識も経験もなく、不安を覚える人もいるだろう。すぐに経営が軌道に乗ればいいが、そう簡単にいかないことも多い。その点、FCに加盟すれば先に述べた通り、すでに確立したノウハウを提供してもらえたり、事前準備のためのセミナーや説明会などによって開業に必要な基本的な知識を与えてくれたりするため、スムーズで効率的な開業と運営が可能になる。

メリット:サポートを受けられる

加盟店が利益を上げることで、フランチャイザーも利益を増やすことができる。そのため、本部は加盟店に対しさまざまな手厚いサポートを行っている。開業前の研修はもちろん、経営者のための定期的な勉強会や、本部からの個別訪問による直接指導など、利益を上げるためのさまざまな工夫や知識を伝授してもらえるだろう。初めて飲食店経営をする人であれば、特に心強く感じるはずだ。

メリット:看板の力で集客できる

知名度の高いFCチェーンに加盟すれば、その看板を掲げて営業ができるようになる。知名度やブランド力のあるチェーン店なら、自らプロモーションやマーケティングをせずとも、お客様のほうから来店してくれるだろう。

新しい商品の開発やキャンペーンなどの販促もすべて本部で行ってくれる。つまり品ぞろえや運営スタイルはどのお店も一律なので、お客様は安心して地方のFC店にも入店してくれるのだ。これも大きなメリットである。

デメリット:ロイヤリティなどのコスト

FCに加盟したら、加盟金やロイヤリティを支払う必要がある。ノウハウの提供や看板・商標を利用する権利などに対し、お金が発生するということだ。ロイヤリティは歩合制のところもあれば、定額制粗利益配分制を採用するところもある。また契約後、着手金を支払わなければならない場合もある。

デメリット:経営における自由度は低い

オーナーによっては、個性的ですばらしいユニークなアイデアが次々と思い浮かぶ人もいるだろう。しかし残念ながら、FCに加盟するのなら、そうした個性を打ち出すことは難しい。本部のマニュアルに沿った経営が求められ、独自性のあるアイデアを勝手に取り入れることは認められていないケースが多い。たとえばキャンペーン期間が決められているのに、勝手に期間を延長したり、内容を変えたりといった行動は違反にあたることもある。また、運営マニュアルを勝手に変更したり、仕入先を大幅に変えたりといったような、確立されたブランドイメージを損なう行動もしてはいけない

デメリット:競合となる加盟店の出店

同一の商圏に、同じ業種のFC加盟店が出店するといったケースは少なくない。コンビニ業界などによく見られるケースだ。これだと高い確率でお客様の取り合いになってしまい、売上も落ちてしまうだろう。せめて、同じフランチャイザーの店舗が近隣に出店することはないよう、テリトリー権が保証されているかどうかは確認しておこう。

失敗しないためのポイント

FCに加盟するにあたり、何に注意すればいいのだろうか。また、自己資金はどれくらい必要なのか、といった疑問を持つ方も多いことだろう。ここでは、失敗しないためのポイントについてまとめてみた。

失敗しない店づくり

加盟するならココに注意!

知名度やブランド力があるかどうかはもちろんだが、きちんとしたサポート体制が整っているかどうかを確認しよう。失敗しないためには、本部からの手厚いサポートは欠かせない。特に初めて飲食店を開業するケースだとなおさらだ。研修や勉強会、経営者会議などの頻度やその内容、スーパーバイザーの訪問頻度、具体的なサポート内容などは最初に確認してほしい。

契約期間や解約の条件についても要チェックだ。こうした重要事項をきちんと把握していないと、トラブルに発展する可能性がある。具体的には、加盟金や保証金は返還されるのか、どのような行為が解約に該当するのか、違約金はいくらになるのか、といった部分を確認しよう。

関連記事>>>
①信じられる数値は「加盟店平均実績」!!!
②そのPL、オーナー人件費が含まれてますか?
③全店実績PLを収集! 無理ならば売上と家賃を

自己資金はどのくらい必要?

自己資金については、加盟するFCの種類によってまちまちだ。内訳としては、加盟金や保証金、研修費、物件取得費、設備費、アルバイトの採用費などが挙げられる。加盟金は最初に支払う必要があるが、分割で支払いができたり、加盟金がそもそも必要なかったりするFCも存在する。

自己資金ゼロでも開業できるFCも増えているが、開業後のことを考えると、資金は余裕を持って準備しておきたい。創業をサポートしてくれる融資制度も多いので、こうした制度の活用も検討しよう。

FCの探し方|情報サイト5選比較

ここでは、FCを探せるサイトを5つピックアップしてみた。それぞれのサイトに特徴があるため、じっくりと目を通してほしい。比較項目も設けているので、比べながら検討するのもいいだろう。

アントレNet
アントレNetのサイトキャプチャ

リクルートグループ運営の、FC募集の情報サイトだ。独立開業したい方に向けたさまざまな情報を網羅しており、説明会やイベントの情報も充実している。独立開業に関する無料相談も実施している。

飲食店FC掲載数
飲食店業態
利用特典
30
居酒屋・バー/カフェ・喫茶店/レストラン/ラーメン/カレー会員限定のメールマガジン(独立・開業支援サービス他)


フランチャイズビズ
フランチャイズビズのサイトキャプチャ

お役立ち情報も充実させたFC比較・検索サイトだ。170以上にも及ぶ業種があるFC店を、プロが厳選して掲載しているのも特徴と言えるだろう。予算や立地などから簡単に検索できる。

飲食店FC掲載数
飲食店業態
利用特典
116
ラーメン/そば/うどん/居酒屋・ダイニング/カフェ/焼肉など
契約成立で最大10万円のお祝い金あり/会員限定メールマガジン(最速FC情報、黒字店の売却案件、物件付き加盟情報など)


フランチャイズの窓口
フランチャイズの窓口のサイトキャプチャ

世界最大クラスの国際フランチャイズショーとも提携している、比較・検索サイトである。気になったFC本部の資料を無料で複数取り寄せることが可能だ。サイトデザインもシンプルで見やすい。

飲食店FC掲載数
飲食店業態
利用特典
276
菓子・パン/弁当/ピザ/カフェ/ラーメン/しゃぶしゃぶなど
海外FC情報メルマガ、現金キャッシュバック(対象店のみ)、お祝い花


フランチャイズ加盟募集.net
フランチャイズ加盟募集.netのサイトキャプチャ

FC事業主や代理店の募集情報を発信している情報サイトである。業界や予算、キーワードなどから募集FCを検索可能だ。ウェブのみならず、電話での問い合わせにも対応している。

飲食店FC掲載数
飲食店業態
利用特典
60
居酒屋・バー/レストラン/カフェ/焼肉/ラーメン/カレー/テイクアウトなど
特になし


フランチャイズ比較ネット
フランチャイズ比較ネットのサイトキャプチャ

120社以上のFC事業者の詳細な情報を検索し、閲覧できる。サイト限定のオンライン説明会や5,000人規模の来場者が集まる比較フェアなど、斬新な試みをしていることでも知られている。人気のテーマやこだわりからも探せるため、自分に合ったFCを見つけやすいだろう。

飲食店FC掲載数
飲食店業態
利用特典
402
居酒屋・バー/ファーストフード・ハンバーガー/ラーメン/うどん/そば/カレー/ピザなど
契約成立で最大10万円のお祝い金あり

比較一覧

サイト名
URL
飲食店FC掲載数
飲食店業態
利用特典
アントレNet
https://entrenet.jp/
30
居酒屋・バー/カフェ・喫茶店/レストラン/ラーメン/カレー
会員限定のメールマガジン(独立・開業支援サービス他)
フランチャイズビズ
https://franchaiz.biz/
116
ラーメン/そば/うどん/居酒屋・ダイニング/カフェ/焼肉など
契約成立で最大10万円のお祝い金あり/会員限定メールマガジン(最速FC情報、黒字店の売却案件、物件付き加盟情報など)
フランチャイズの窓口
https://www.fc-mado.com/
276
菓子・パン/弁当/ピザ/カフェ/ラーメン/しゃぶしゃぶなど
海外FC情報メルマガ、現金キャッシュバック(対象店のみ)、お祝い花
フランチャイズ加盟募集.net
https://fc-kamei.net/
60
居酒屋・バー/レストラン/カフェ/焼肉/ラーメン/カレー/テイクアウトなど
特になし
フランチャイズ比較ネット
https://www.fc-hikaku.net/
402
居酒屋・バー/ファーストフード・ハンバーガー/ラーメン/うどん/そば/カレー/ピザなど
契約成立で最大10万円のお祝い金あり


二毛作目にFCを選ぶ

すでに飲食店を営業している場合でも、二の矢としてFC加盟する手もある。夕方から営業しているお店なら、昼の時間を使ってお弁当の宅配事業に参入することで、売上のアップも期待できるだろう。
例えば、宅配弁当事業FCの「やどかり弁当」は、飲食店の既存の設備を有効活用して、会社や役所、病院などの法人向けに弁当を宅配するサイドビジネスパッケージだ。47都道府県で展開するFCで、レシピとノウハウの提供と営業代行を行い、売上の大幅アップをサポートしてくれる。
これから飲食店を開業したい方も、二の矢として考えている方も、ここでご紹介した内容をぜひ参考にしてほしい。

資料請求(無料)
『やどかり弁当』
株式会社GLUG
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事