EATAS
店舗設備|メニュー2019.01.23
EATAS

注文数が伸びるメニューブックの作り方|メニューブック制作サービス比較

注文数が伸びるメニューブックの作り方|メニューブック制作サービス比較
1
メニューブックは重要な販促ツール
2
売れるメニューブックの作り方
3
メニューブック制作サービス比較
目次
飲食店では、メニューブックでいかに来店客の心を掴めるかが非常に重要である。今回は、そんな重要な販促ツールの1つでもあるメニューブックの作り方と、メニューブック制作会社のサービスについてご紹介! ぜひ参考にしてほしい

メニューブックは重要な販促ツール

飲食店に来店を促すための販促活動も重要だが、お客様の来店後にアプローチを掛けるメニューブックは非常に重要な販促ツールだ。シズル感あふれる写真や、注文したくなるようなメニュー名、そして料理のアピールポイントを記載するなど、ちょっとした工夫で注文数は大幅に変化する。

単なるお品書きではない

メニューブックは単なる「お品書き」ではなく、飲食店にとっては注文数を上げるための重要な「販促ツール」ということを常に意識しておこう。お客様の来店を促した後、メニューブックの魅せ方によって、来店後のお客様の客単価を上げることが十分可能だ。

注文数が伸びるメニューブック

それでは、お客様はどのようなメニューブックであれば注文したくなるのだろうか。
単に文字を羅列するだけでは、料理のイメージが湧きにくく、注文につながりにくい。たとえば料理のイメージがわかりやすいよう写真付きのメニューブックに変更したり、注文したくなるようなキャッチコピーを記載したりするだけでも、注文数は確実に伸びてくる。

注文数が伸びるメニューブック

売れるメニューブックの作り方

前述の通り、売れるメニューブックを作るには、デザインやキャッチコピーなどに工夫を凝らし、お客様の注文を促すようにしなければならない。また、クロスセルやアップセルを増やして客単価を上げる工夫も必要となってくる。

ポイント1:クロスセルを増やす

クロスセルとは、ある料理の注文を検討しているお客様に対して、別の料理もセットもしくは単体で追加注文してもらうための販促手法だ。
メニューブックにおいては、掲載するメニューの横に、追加注文やセット販売ができるような工夫を散りばめておく。たとえばランチメニューの横にドリンクバーや追加注文が可能な単品サービスやおかわりサービス、またお得なデザートメニューなどをさりげなく配置しておく、といった具合だ。

ポイント2:アップセルを増やす

アップセルとは、注文する料理を検討している新規顧客や、来店したことのあるリピーターに対して、より多くの注文をしてもらう、もしくはより高額な料理を注文してもらうための販促手法だ。
メニューブックにおいては、随所に「一番人気」「数量限定」「店長イチオシ」などのキラーワードを入れることでアップセルにつながっていく。さらに、メニューブックに差し込む形の限定メニューも効果的だ。キャンペーンメニューや季節限定メニューなど、アミューズメント性を持たせた差し込みメニューは、思わず注文したくなる気持ちを呼び起こす。

ポイント3:ブランディングを意識

メニューブックは同時に、そのお店のブランディングにも役立つ。メニューブックがおしゃれでブランドを強調するデザインだと、そこに載っているメニューや内容もお店のイメージ作りに役立つだろう。特に高級路線を打ち出したいお店にとって、お客様におしゃれ感やスタイリッシュな印象を与えることができるツールが、このメニューブックだろう。

メニューブックのイメージ

このようにメニューブックも工夫次第で客単価を上げる1つのアイテムとして提供することが可能だ。効果的な販促ツールとしてのメニューブックを制作するのは、自力では難しいかもしれない。そこでメニューブックをより効果的にお客様にアピールできるデザインにしてくれる制作サービスを探していこう。

メニューブック制作サービス比較

やはりメニューブックで重要なのはデザインだ。さらに制作時の金額もポイントだろう。そんな気になる金額についても一緒に比較してみよう。

フードページ
フードページ_ロゴ

「フードページ」は、ホームページ制作会社として、飲食店のホームページ制作の実績が多数ある企業だ。そんなフードページでは、メニュー構成の見直しも含めてメニューブックの制作をすることが可能。さらに、A案・B案と2つの完成データを提供してくれ、効果検証を実施することができる。オプションでは、今後必要不可欠となるインバウンド対策として、外国語にも対応したメニューブックの制作もしてくれる。外国人の主客が期待できる飲食店は、フードページのメニューブックと併せて、外国語版メニューブックの制作も依頼してみてはいかがだろうか。

  • メニューブック料金例
    ・おまかせデザインプラン:A4サイズ・1ページ30,000円~
    ・トータルサポートプラン(コンサルティング・構成・デザイン制作・フォローアップ):A4サイズ・8ページ360,000円~
対応内容
オプション
印刷(別途実費)、メニューブック制作、ヒアリング、デザイン、現状メニューの分析など
写真撮影、外国語対応、SNSやホームページと連動など


メニューデザイン作成PRO.
メニューデザイン作成PRO.ロゴ

「メニューデザイン作成PRO」では、デザインのイメージや飲食店の運営コンセプトなどを綿密にヒアリングしたうえで、デザイン制作まで行ってもらえる。さらに、プロのカメラマンが在籍しており、メニューブックに掲載する写真を、おしゃれ感やシズル感あふれるこだわりの1枚にすることができる点も大きな魅力だ。また、「色校正」も、メニューデザインPRO.のメニューブック制作で特徴的なサービスの1つだろう。職務の一環としても、プライベートでも、何か印刷をする際に、「イメージしていた色と違う」ということはよく起こるのではないだろうか。「色校正」をすることによって、そのようなイメージしていた色と実際の色のミスマッチを減らすことができる。

  • メニューブック料金例
    ・A4ペラパウチ(片面フルカラー)5部:デザイン料50,000円+印刷料10,000円(税別)
対応内容
オプション
印刷、メニューブック制作、ヒアリング、デザイン、写真撮影、色校正
チラシ作成、リーフレット作成、ホームページ制作など


飲食店繁盛会
飲食店繁盛会_ロゴ

他のメニューブック制作会社とは異なり、メニューブック制作をコンサルティングしてくれるという特徴がある。現場のヒアリングから商品の価格設定、デザインまでをワンストップで実施するので、売上が伸び悩んでいて、コンサルティングも検討しているという飲食店オーナーにはもってこいのサービスだ。一見、下記の2ページ130,000円(税別)でデータのみの納品というのは高いと感じられるかもしれないが、コンサルティングサービスを含み、売上アップが期待できると考えるとお得なサービスと言えるだろう。

  • メニューブック料金例
    2ページ130,000円(税別)~ ※B4サイズまで対応
対応内容
オプション
データ納品、ヒアリング、コンサルティング、メニュー制作
写真撮影(東京近郊)50,000円(税別)/5時間


Onogawa Design
Onogawa Designロゴ

「Onogawa Design」は、海外からの受注実績もあるメニューブック制作会社だ。デザインによって、その飲食店の持つ個性を表現し、食欲を刺激するようなメニューブックの制作を行っている。メニューブックの制作実績は幅広い業態にわたり、和食や洋食、中華料理はもちろんのこと、居酒屋、エスニック料理店、バーやカフェにも及ぶ。特にデザインに関してはこだわりが強く、その業態や店のコンセプトに合ったメニューブック作りが期待できるだろう。さらに、ポスターや看板製作も別サービスで利用可能である。

  • メニューブック料金例
    ・ペラ物、片面印刷、A4サイズ:1ページ30,000円(税別)~ ※印刷加工は別料金
対応内容
オプション
ヒアリング、デザイン、印刷
各種メニューカバー制作(和紙、アクリルなど素材も選べる)、ポスター・看板製作


ハットツールデザイン
ハットツールデザイン_ロゴ

こちらのサービスの大きな特徴は、女性目線でのメニューブックデザインだろう。デザイナーは女性なので、きめ細やかなブランディングのノウハウやおしゃれ感をメニューに反映させてくれるのが特徴だ。打ち合わせを直接行った後、仕上がりがわかるように実物大のデザインラフを郵送してくれるので、イメージしていたものと実物のギャップをここで完全に解消することができる。

  • メニューブック料金例
    ・A4サイズ、片面カラー:10枚 54,100円(税込)
    ※紙料金の変動により価格が変わる可能性あり
対応内容
オプション
印刷、メニューデザイン、キャッチコピー、コンサルティング
チラシ制作、リーフレット制作、パンフレット制作、ロゴ、ポストカード・名刺制作


多言語化やセルフオーダーへの展開

お気に入りのメニューブックを作ったら、今度はインバウンド対策も考えたい。インバウンド需要がさらに高まると予測されている2020年に向けて、メニューの多言語化やセルフオーダーシステムへのデザイン転用なども検討してみると良いだろう。セルフオーダーシステムや、多言語メニューの導入を検討している飲食店オーナーは、Okage株式会社の『オーダーブック』やエクスウェア株式会社の『SmartMenu』などのサービスを利用してみてはいかがだろうか。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。