商材|IT・情報 2018.11.06

価格で選ぶPOSレジ|タイプ別特徴・コスト徹底比較

価格で選ぶPOSレジ|タイプ別特徴・コスト徹底比較
1
POSレジのタイプは大きく2つに分類される
2
POS専用機、タブレットPOSのタイプ別比較
3
POSレジ周辺機器の予算について紹介

目次

リアルタイムで販売状況を管理でき、業務の効率化も可能になるPOSレジ。飲食店にも欠かせないシステムだが、導入にあたって気になるのはやはり価格だろう。現在ではさまざまなPOSレジがあり、タブレットPOSも普及しているが、相場はどうなっているのか。ここでは、気になるPOSレジの価格、相場についてお伝えしよう。

POSレジのタイプ

POSレジは大別すると2つのタイプがある。一つはコンビニなどでよく使われているターミナル型のPOSレジで、いわゆる据置型のPOS専用機と呼ばれるもの。もう一つはipadやandroidのタブレットやスマートデバイスにPOSシステムを搭載したタブレットPOSだ。

お店の規模やスタッフの人数などによって選ぶべきPOSレジは変わってくる。店舗の数は1つで、座席は20席くらい、スタッフは5名程度の小規模店舗であれば、タブレットPOSが良いかもしれない。規模の小さな店舗だと今やタブレットPOSのほうが主流といっても過言ではないだろう。レジ横にタブレットを置いてある飲食店も見たことがあるはずだ。

一方、多店舗展開をする小規模から大規模のチェーン店では専用機POSが選ばれるケースが多い。導入コストは高いが、操作性や耐久性に優れ、また業態によってカスタマイズできるモデルが多いからだ。

POS専用機タイプ特徴比較

ここでは、代表的なPOS専用機をピックアップし、特徴をお伝えしたいと思う。さまざまなメーカーから多彩な製品、システムがリリースされているが、それぞれに違いがある。基本的には飲食店向きのものばかりだ。特徴を把握することで、導入を検討する際の参考にしてほしい。

FScompass東芝テック 

飲食店向けのPOSシステムとしてリリースされた製品だ。グラフィカルな画面デザインを採用することで、操作性をアップしていることが特徴と言えるだろう。お店のファンを増やせる販促レシートも発行できる。1985年からPOSシステムの販売を行っているため、製品としての成熟度、完成度はかなり高い。

FoodFrontiaNECプラットフォームズ 

飲食店環境を考慮したハードウェア設計となっているのが大きな特徴。オーダーシステムやキッチンプリンター、ディスプレイなどと連動可能で、注文や調理、会計業務などの効率化が実現できる。店舗状況を分析し、可視化できるため売上アップにも貢献してくれる。

V-REGICASO

お店の雰囲気を壊さない、スタイリッシュなデザインを採用した製品だ。さまざまな業種のニーズに対応できるポテンシャルを秘めており、拡張性の高さも魅力的といえるだろう。個人経営の小さなお店から、大規模なチェーン店まで幅広く対応できる。売上の集計や管理が手軽にできるのはメリットだ。

タブレットPOSタイプ価格比較

カフェや居酒屋、レストランなど、さまざまな飲食店で採用されているタブレットPOS。ここでは、タブレットタイプのPOSシステムについて、製品の特徴や価格をリサーチしてみた。タブレットタイプのPOSに興味を持っているのなら、ぜひ目を通してほしい。

ユビレジ

ユビレジのロゴ

売上向上のためのあらゆる機能を豊富に備えたPOSレジ。売上傾向の把握はもちろん、リピーターを増やすための顧客管理もしやすい。複数店舗の売上状況も一元で把握でき、小規模店から大規模なお店まで、規模を選ばず導入できる。在庫管理や店舗管理、決済サービスなど、さまざまなサービスと連動可能となっている。

関連記事>>>
ユビレジ|全世界3万店に選ばれたワケとは?

導入費
月額費用
サポート費用
なし(要iPad)
飲食店向けプラン、単月契約月額9,800円
月額2,000円



スマレジ

スマレジのロゴ

シームレスな会計機能を備えている。レシートに商品の引換番号を割り振った引換券が発行できるため、カフェやベーカリーにも適しているだろう。顧客管理機能によって、消費者がいつ何を注文したかがその場で確認可能だ。プリンター連動やテーブルごとの管理機能も充実させている。

関連記事>>>
スマレジ| PL管理まで可能なタブレットPOS

導入費
月額費用
サポート費用
なし(要タブレット)
プレミアムプランで月額4,000円
無料



Okageレジ

Okageレジのロゴ

レジやハンディ、セルフオーダー、モバイルオーダーなど、飲食店に必要な機能が充実している。必要な台数分を自由に組み合わせて使えるのも魅力的だ。飲食店のことを考え抜いた豊富な機能を搭載しているため、売上アップやリピーター獲得にも役立つだろう。クラウドサービスのため、機能はどんどん進化しているのも特徴だ。

関連記事>>>
Okageレジ|飲食店のための新しいPOSレジ

導入費
月額費用
サポート費用
なし(要タブレット)
ios端末1台につき月額1,000円
メールサポート無料



UレジFOOD

UレジFOODのロゴ

多機能で低価格を実現したタブレットPOSだ。リアルタイムに売上の集計が可能で、一目で分かる簡単分析機能を搭載している。軽減税率にも対応しており、補助金制度のサポート体制も万全にしているのが強みだ。スマートなデザインと直感的な操作性を実現しているため、誰でもすぐに使いこなせるだろう。

関連記事>>>
Uレジ FOOD|軽減税率対策補助金が利用可能

導入費
月額費用
サポート費用
なし(要タブレット)
要見積もり
要問い合わせ



NECモバイルPOS

NECモバイルPOSのロゴ

無料で提供しているアプリをインストールすれば、手持ちのiPadを高機能なPOSレジにできる。飲み放題やコースメニュー、日替わりメニューなどにも対応しているほか、クーポンを利用した会計にも対応可能だ。注文時のフリーメモ機能もあるため、臨機応変にキッチンへ伝えたいことを伝えられる。

関連記事>>>
個人経営店舗に優しい!NECのモバイルPOS

導入費
月額費用
サポート費用
なし(要タブレット)
要見積もり
要問い合わせ



TabレジEATS

TabレジEATSのロゴ

複数店舗の売上はもちろん、商品や顧客の管理も可能だ。Androidスマートフォンやタブレット端末を使用できるため、低価格で高品質なPOSシステムに仕上がっている。飲食店経営に精通したスペシャリストが開発に関わっているため、使い勝手の良さと機能性に強みがある。

関連記事>>>
TabレジEATS|ハードウェア一式が無料!

導入費
月額費用
サポート費用
購入プランは本体代230,000円~
1パックにつき7,980円
無料


POSレジ周辺機器の予算は?

ディスプレイやオーダー端末、プリンターなど、POSレジには周辺機器も必要だ。基本的にはPOSレジとセットになっているケースが多いが、周辺機器の相場も知っていれば予算を組み立てやすくなるだろう。ここでは、代表的な周辺機器をピックアップしてみた。メーカーや品番によって異なるが、参考に目を通してほしい。

カスタマーディスプレイ

会計時に、お客さんに金額やおつりを明示するために使用する。タブレットタイプのPOSだとiPadがカスタマーディスプレイとなるだろう。相場は10,000円~80,000円ほどだ。

端末(パソコンもしくはタブレット)

システムを使って管理を行うための端末である。パソコンにするか、それともタブレットにするかで価格も違ってくる。相場は20,000円~100,000円を見ておけば問題ない。

レジスター(ドロア)

現金を管理するために使用する。お客さんから預かったお金、つり銭などを入れておくのに必要だ。自動開錠するものが主流である。相場は10,000円~50,000円ほど

プリンター

会計時にレシートを印刷したり、オーダーをキッチンに伝えたりするのに使用する。レシートプリンターとキッチンプリンターは基本的に分けて使用するものである。相場は10,000円~40,000円ほどだ。

必要な機能と価格で上手に選ぼう

高価なシステムなら良いというわけでもなく、自店にマッチしたPOSレジを選ぶのが基本だ。予算も考慮しつつ、お店に合ったシステムを導入しよう。また、軽減税率対策補助金が出るケースもあるので、上手に使えばコストを軽減できるだろう。必要な機能と価格のバランスをしっかり考えて選んでほしい。

資料請求(無料)
『ユビレジ』
株式会社ユビレジ
『スマレジ』
株式会社スマレジ
『Okageレジ』
Okage株式会社
『UレジFOOD』
株式会社USEN
『NECモバイルPOS』
日本電気株式会社
『TabレジEATS』
株式会社ユニエイム

※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事