EATAS
業務効率化|売上管理2021.02.12
EATAS

売上金の現金管理にお悩みなら、24時間365日入金できるローソン銀行の「金庫がわりクン」を!

売上金の現金管理にお悩みなら、24時間365日入金できるローソン銀行の「金庫がわりクン」を!

経営者ならば誰しも現金の売上金の管理方法に頭を悩ましたことがあるだろう。
複数店舗を構えているならば尚更である。

銀行口座を店舗ごとに作って管理するのがいいのか、それとも店舗内に金庫をおいて管理するのがいいのか、警備会社の回収サービスを利用すればいいのか、などあらゆる選択肢のメリット・デメリットの中で悩むことであろう。

今回、ご紹介する方法は今までの選択肢を刷新するような新たなサービスある。それが、ローソン銀行の「金庫がわりクン」である。このサービスを利用すれば、24時間365日いつでもローソンにて入金できる。時間に囚われず、かつ場所の制限も受けずに入金できるのは非常に便利である。今回はこの「金庫がわりクン」のサービスについてご紹介していく。

1. ローソン銀行「金庫がわりクン」とは?


ローソン銀行「金庫がわりクン」は、近くにあるコンビニのローソンから24時間365日いつでも※入金できるサービスである。

※システムメンテナンス時間を除く。ATMの設置店舗が24時間営業でない場合、ATMが利用可能な時間帯であっても、設置店舗の営業時間外にはご利用できない。

操作は簡単で、ATM入金カードを入れて入金するだけである。かつ、このカードは入金専用のカードなので、万が一紛失した際にも出金されないので安心して利用することができる。

手数料コースは3つのコースで、Aコースは入金回数×330円(税込)、Bコースは440円(税込)/日、Cコースは11,000 円(税込)/月、となっている。利用頻度が高ければ高いほど、BやCコースの方がお得である。

また、ローソン銀行であるためもちろんインターネットバンキングも利用可能であるため、メインバンクに振り込むことが可能である。どこにいてもインターネットバンキングで自由に振り込みできるのは経営上、資金繰りにおいて非常に便利である。

2.【建設業・工事業】あらゆる現場で発生する売上金の管理もスマートに!


建設業や工務店を経営なさっている場合、現場にて売上が現金で発生するということが多いのではないだろうか。しかし、事務所は現場から遠いし、その売上金をどこでどのように管理すればいいのか悩むということが多いだろう。元々売上金を入金されていても、現場で追加でサービス料金が発生するということもあると思う。もし車の中で管理するとなると、目を離した隙に車上荒らしに遭うかもしれない、というリスクがつきまとってくる。かつ現場から事務所までの距離がかなり遠い場合、入金するまでに時間がかかり資金繰りにも悪影響となる。

以上のことを踏まえると、ベストな手段が、現場で発生した売上金を現場の近くですぐ入金するという方法である。ローソン銀行の「金庫がわりクン」は、ローソンであればどこでも入金できるので(一部店舗除きます)、現場近くのローソンを見つければすぐ入金することができ、かつ資金繰りにもスピード感が出るというなんとも優秀なサービスである。

2. 複数店舗を構えている場合の売上金管理がスマートに!


複数店舗を経営している場合、売上金管理方法がさらに複雑になるのは当然である。今までならば、手段として店舗ごとに銀行口座を作り管理するという方法があると思う。しかし、複数の口座を管理するとなると、いちいち口座一つ一つの残金を確認し、合算し、メインバンクに送金したり、などの作業が伴ってきて資金をスマートに把握することが難しくなり、タイムラグが生じる。経営にとって、随時資金状況を把握するということは重要であるが、この方法だとそれを実現することは難しい。かつ、キャッシュカードは入出金可能なカードであるため、紛失した際のリスクが高いということも忘れてはいけない。

ローソン銀行の「金庫がわりクン」ならば、1つの口座に紐づいた複数のカードを発行できるため、そんな不便を解消できる。全ての店舗の売上金を一つの口座に入金できるため、タイムラグなくスムーズに売上状況を把握できるだろう。かつ、入金専用のカードなので例え紛失しても出金される恐れはない。

売上金管理方法の別の手段として夜間金庫に預けるということもあるが、利用料の値上げが続いており、また地銀/信用金庫の夜間金庫はどんどん減少している。これらのことから、今後もさらに不便になっていく可能性がある。また、警備会社の現金回収サービスを利用すると、月額料金は高く、経費削減の観点で選択しづらいであろう。

ローソン銀行の「金庫がわりクン」ならば、コンビニのローソンならばいつでもどこでも入金でき、かつ月額利用料も抑えることができるので、以上の問題をスマートに解決してくれる。複数店舗を構えているならばメリット豊富なサービスである。

最後に

やはり、場所を選ばずにいつでも入金できるというのは非常に便利である。金庫や車で管理するという管理方法にストレスがある場合、このストレスから解放され、ノンストレスで売上金管理を実現するということは効率面から言ってもプラスである。

あらゆる面でスマートなローソン銀行の「金庫がわりクン」を導入すれば、資金繰りの面においてもメリットが多いのではないだろうか。さらに、現在、2021年3月31 日(水)までに契約・利用すれば、2021年6月30日(水)まで、ローソン銀行 ATM 入金サービスの入金手数料が一律無料というキャンペーンを実施している。

売上金管理にお悩みの方はぜひローソン銀行の「金庫がわりクン」の導入を検討してみるのはいかがだろうか。

関連記事

関連記事