EATAS
コラム|コ:開店・運営2020.04.28
EATAS

新型コロナにも活用可能 飲食経営におけるクラウドファンディングの活用方法まとめ

新型コロナにも活用可能 飲食経営におけるクラウドファンディングの活用方法まとめ

飲食店におけるクラウンドファンディングとは、集客・PR手法の一種で、CampfireやMakuakeといったクラウドファンディングのサイトに自店のPRをすることで、事前にお店のコース等のチケットを買ってもらい、集客することができる、いままでになかった手法です。

クラウドファンディングを実施する目的

クラウドファンディング

食べログやその他の集客方法との違いは、以下の3つです。

①大手のクラウドファンディングサイトに自店のPRをプロジェクトページとして公開することで、一度に数万から数十万の人にお店の存在を知ってもらえること。 
②そして、チケットを買ってくれたから、事前に資金を確保できること。
③また、お店のPRページを見て、事前に購入してくれたお客様とは、つながりを持つことができ、来店後にファン(リピーター)になる可能性が高いことが挙げられます。

特にいま、コロナショックによって、通常営業ができないお店にとっては、上記、②、③のメリットは非常に大きいものとなります。資金面だけでなく、この時期に応援してくれた人との絆を深めることができ、回復した後にはリピーターになってくれる可能性は高いと言えます。

また、既にお店のリピーターの中には、お店のことが好きで、続けてほしいと思っている人は少なからずいます。しかし、どうやってサポートすればいいかわからないことが多く、そういった場合に、クラウドファンディングを実施すれば、常連だった人に連絡してみて、応援してもらう手段としても非常にいい手段になります。

クラウドファンディングサービス大手について


クラウドファンディングサービス

では、どこにお店のPRページを公開すればいいのかというと、以下の3つが大手のクラウドファンディングサイトとなります。それぞれ以下のような特徴があります。

Campfire  https://camp-fire.jp/ どのサイトにおいてもお店のPR(プロジェクトページ)を公開するにあたって、審査が必要ですが、Campfireは挑戦する人を増やしたいという思想があり、他の大手と比較して、審査基準が厳格ではないです。また今回手数料無料キャンペーンを実施しており、その意味においてもオススメのサイトです。
Makuake   https://www.makuake.com/大手3社の中で、唯一上場している会社が運営しています。そのため審査基準は厳しめです。一方、飲食カテゴリーは他社より強いため、厳しい審査基準や、手数料部分を除けば、Makuakeを選ぶメリットはあると思います。
Readyfor  https://readyfor.jp/ サービスの成り立ちとして、寄付色が強いサイトになります。Campfire同様、手数料無料キャンペーンを実施していますが、飲食カテゴリーはあまり強い印象はないです。

クラウドファンディング公開方法について

クラウドファンディングでお店をPRするには、サイトの審査等に必要な一定の手続きと、プロジェクトページを作成する必要があります。一般的に3,000から5,000文字のPR文章と見栄えのする写真は必須です。それに買ってもらうユーザーに提供する、チケットの中身を用意しなくてはいけません。
ユーザーに興味をもってもらえる文章の構成や、チケットの中身は、しっかりと組み立てる必要があり、単にお店のPRを掲載したとしても、なかなか買ってもらえないのが現状です。せっかくお店のプロジェクトページを公開したのに、数万円で終わるケースも見受けられます。その場合、プロジェクトページは残り続けるので、人気がないお店に見えてしまうことはリスクです。一方で、適切に実施すれば、100万単位の資金と、数百人のユーザーを一気に獲得できるので、実施する場合はしっかりと考えてから実施するようにしたいものです。自信や、そこにかける時間がない場合には、以下のような専門家に依頼するのも検討の余地があると思います。
コーレ合同会社     https://www.co-r-e.com/
Makestory      https://makestory.jp/

最後に、飲食経営におけるクラウンドファンディング

飲食経営 クラウドファンディング
このような大変な時期に支援してくれたお客さまとは、一生の付き合いになることもあり得ると思います。お客さまとの絆を再確認できる、それがクラウドファンディングを実施する本質的な目的だと思います。人は希望があると頑張れると言いますが、こういった時に支援してくれたお客さまとの豊かな時間を過ごせるときを願ってクラウドファンディングを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いている会社について

リディッシュ株式会社

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。