EATAS
デリバリー・弁当 テイクアウト
EATAS

モバイルオーダーアプリで、ランチ時間の売り上げを倍にしよう

モバイルオーダーアプリで、ランチ時間の売り上げを倍にしよう
1
「売れるけど、売れない」の機会損失をなくし売上・満足度アップ
2
アプリからの手軽なテイクアウト注文で新たな販売経路を拡大
3
事前注文により店舗オペレーションを大幅軽減
株式会社Showcase Gigが開発した『O:der(オーダー)』は、来店前の事前注文・キャッシュレス決済を可能にし、スムーズな商品提供ができるテイクアウト向けのアプリ。同社はモバイルオーダーシステムの特許も取得しており、『O:der』は、お客様の待ち時間を短縮し、「新たな集客」と「回転率の改善」を可能にする。

テイクアウト注文を賢く始めよう

『O:der』を利用すれば、テイクアウト注文をキャッシュレスかつ人手をかけずに行うことができ、現在の店舗規模、スタッフ数を変えずに売上を伸ばしたい、新たにテイクアウトを始めたいという飲食店オーナーには、オススメのサービスだ。

テイクアウト注文

『O:der』を導入するメリット

混雑時の取りこぼしが防げる

モバイルオーダーでは、店頭でのピックアップだけになるので、お客様を待たせることなく、行列を嫌がって他店に流れることも防ぐことができる。

注文数と客単価が上がる

スマートフォンからじっくりと商品を選ぶことができるため、トッピングや追加商品の注文などにより顧客単価がアップ。さらに、「まとめ買い」や「ついで買い」も見込める。

リピーターの確保が可能

『O:der』では、店舗用の管理画面アプリからクーポンやプッシュ通知を配信することができる。ターゲットを絞ったセグメント配信もでき、効果的にリピーター獲得も可能となる。スタンプカードやクーポン、プッシュ通知をうまく活用し、リピーターを確保している店舗も多数ある。

お得なクーポン

店舗オペレーションの効率化

モバイルオーダーを活用することで、電話注文に割く人員や時間を大幅に削減できる。また、お客様の来店時に商品を手渡すだけになることで、注文接客やレジ・会計業務を削減することが可能。

Showcase Gigが提供するモバイルオーダープラットフォーム『O:der』は、すでに全国におよそ1,500店舗以上の飲食店や小売店で導入されており、テイクアウトの増加や売上拡大の実績がある。また、揚げ物など調理に時間のかかる商品も、モバイルオーダーで注文を受けてから、ゆっくり調理ができるため、ロスを減らすことも可能。

導入店舗での効果

実際に、『O:der』を導入した店舗でのモバイルオーダー比率は、およそ1年で20%超となる店舗もあり、世界水準を超える実績値を叩きだしている。これは、業界のパイオニアであり豊富な導入事例と知見を持つ同社ならではのマーケティングサポート力が一役買っている。

担当者の高堂さんは、「O:derは既存のPOSシステムと連携も可能。これまで当たり前に発生していた業務をデジタルに置き換えることで、お店側が接客や調理に集中できる誰から見ても便利なサービスを作っていきたい」と語った。テイクアウトを検討している、売上を伸ばしたいが手間や面倒なオペレーションは減らしたいと悩んでいる飲食店オーナーは今すぐにでも始めるべきサービスだ。

関連記事