EATAS
店舗設備|キャッシュレス2019.08.30
EATAS

決済手数料わずか0.95%!QRコード決済『pring(プリン)』を導入しよう。

決済手数料わずか0.95%!QRコード決済『pring(プリン)』を導入しよう。
1
キャッシュレス化の波に乗ろう
2
『プリン』なら、レジ前の行列を楽に解消
3
新たな顧客、リピーターの確保にも最適
株式会社pringが開発した『プリン』は、「お金の摩擦をなくす」をコンセプトに作られた送金アプリ。個人間の送金がメイン機能だが、QRコードを使ったキャッシュレス決済にも対応。手数料の安さと導入のし易さから、キャッシュレスを検討している飲食店オーナーには、かなりオススメだ。

『プリン』を導入してキャッシュレス化の波に乗ろう


『プリン』は、スマホでメッセージを送るような感覚で相手にお金を送ることが可能な送金アプリだ。ユーザーはプリンの提携銀行、もしくは全国25,000台以上あるセブン銀行ATMからアプリ内にお金をチャージすることで、個人間の送金、店舗での支払いに利用することができる。アプリ内の残高は銀行に戻したり、セブン銀行ATMで現金として引き出すことが可能。これらの機能は、手数料がかからず、あらゆるシーンで使用されており、これから更なる利用者の増加が見込まれる。

コストダウンしながら、賢くレジの問題を解消


レジ前の行列の解消

お客様が『プリン』の個人間の送金機能を使用する事で、まとめての支払いを簡単に行うことができる。『プリン』でまとめて決済をしてくれたお客様に割引などをする事で、別会計による悩みを解決できる。もちろんQRコード決済が可能なため、レジ前の行列の解消も期待できる。

決済手順

現金管理・キャッシュレス決済のコストダウン

『プリン』の加盟店手数料は0.95%で、初期費用、月額費用、振込手数料は一切かからない。飲食店が現金管理に使用しているコストが約1%、クレジットカードなどのキャッシュレス決済の平均手数料が4-5%といわれていることから、非常にリーズナブルだ。さらに売上金は、翌営業日に自動的に入金されるため、飲食店オーナーにとって優しいサービスである。

決済手数料

新たな顧客、リピーターの確保にも最適


ランチでキャッシュレス決済ができない飲食店はまだまだ多い。『プリン』の加盟店手数料は0.95%であることから、単価の低いランチでも安心してキャッシュレス決済を導入できる。

『プリン』には、既に数十万人の利用者がおり、スマホかタブレットがあれば簡単に導入が可能。導入費用もかからないことから、ノーリスクで導入することができる。キャッシュレス決済を既に導入している飲食店も、現在考えている飲食店にもかなりメリットの大きいサービスである。

また、『プリン』の代理店を務める「ニッポンタブレット」経由で申し込むと、タブレットの無料レンタル、並びに『プリン』決済が発生するたびに「お店側に10%還元」されるキャンペーンも行われているので要チェックだ。

■「日本タブレット」でのキャンペーンについて

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。