悩み解決|効率化 2018.01.29

固定費ゼロで始められる! 超簡単スマホ決済

固定費ゼロで始められる! 超簡単スマホ決済
1
スマホ決済『Origami Pay』は約20,000店舗が加盟
2
初期費用・月額費用は無料、手数料は3.25%
3
顧客の囲い込みや売上UP、インバウンド対策も

株式会社Origami(東京・港区、代表取締役社長 康井義貴氏)が運営する『Origami Pay』はスマホを使った新しいお支払いのカタチ。同社は、もともと金融サービスを始めようとECサービスを立ち上げ、インターネット上での送金の仕組みの基盤を構築。その仕組みを実店舗での決済に利用し、『Origami Pay』のサービスをスタートした。現在、日本を代表する大手百貨店、世界的に展開しているファストフードなど、多業種・多業態の加盟店が導入し、約20,000店舗に拡大している(予定店舗含む)。

業界最低水準の手数料!

「スマホ決済」と聞くと、飲食店側に大きな手数料負担がかかる、というイメージを持っているオーナーさんも多いのでは? 実は、『Origami Pay』は3.25%と業界最低水準の手数料。しかも、初期費用や固定料金がないところも魅力です。

Origami Payメイン画像

決済を起点に始まる新たなつながり

現金で支払いをした場合「誰がどのような方法で支払った」というデータは残らないため、支払いが完了した時点でお客様とのつながりはなくなってしまう。しかし、『Origami Pay』では、決済後もお客様にアプローチすることが可能。お店のお知らせやクーポン情報などを発信して来店促進へつなげることができる。

『Origami Pay』を利用した情報の開封率は30~40%。既存顧客の囲い込みや売上アップも見込めるはず。また、お客様の現在位置の近くで『Origami Pay』を利用できる店舗を地図で表示することが可能なため、店舗のアピールにもつながる。

Origami Pay利用イメージ

さまざまな導入効果が見込める

導入効果として、お客様はスマホアプリでQRコードを読み込むだけで決済が完了するため財布を取り出す必要がなく、お店側もお釣りやレシートを渡す手間が省ける。お客様からも一回使ったらやめられないという声が多く、再来店促進にもつながっている。また、割引を適応することで割引分を追加購入にあてるケースも多く、『Origami Pay』で支払うお客様は10~15%ほどほかの支払いのお客様に比べて単価が高いという。さらに、中国人観光客向けの決済「Alipay」と事業提携しているため、簡単な追加手続きでインバウンド対策もできるのもうれしいところ。初期費用・月額費用は無料で、固定費ゼロ。導入しない理由が見つからない、と言っても過言ではなさそう。

資料請求(無料)
『Origami』
株式会社Origami
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事