商材|物件・設備 2019.03.14

0円で飲食店が開業できる!『よじげんスペース』の想いとは

0円で飲食店が開業できる!『よじげんスペース』の想いとは
1
開業資金0円からはじめられる『よじげんスペース』
2
店舗を借りるには?
3
『よじげんスペース』おすすめの活用方法

株式会社よじげんが運営する『よじげんスペース』は、店舗物件の空き時間を「月単位」で貸し借りできる、飲食店間借り&業務委託の情報サイト。飲食店開業希望者は初期費用を支払うことがなく、0円開業を実現できる画期的な間借り開業のサービスだ。『よじげんスペース』の利用者にはどのような人が多いのか、またどのような店舗がスペースを貸し出しているのか、そしてサービスへの想いを代表の荒木さんにお話を伺った。

飲食店開業を0円でできる⁉


『よじげんスペース』は開業をめざしている人に、中長期の期間でスペースを貸し出すサービス。例えば、ランチ営業をしていない飲食店の昼の空き時間を、開業希望者に貸して、店舗の空き時間やスペースを無駄なく使うというものだ。

先述の通り、飲食店開業希望者はこの仕組みを利用することで0円から開業ができるという。
「現在、開業ハードルは上がっていて、物件を借りる最初の一歩が踏み出せないという人が非常に多いです。そういう人にもチャレンジしてほしいという想いがあってサービスを始めました」と代表の荒木さんは話す。

ただし、ハードルを低くすることによって誰にでも貸し出すわけではない。借りる人の審査は、同社による審査と貸す店舗側の審査の2段階になっている。
「多くの方にチャンスはあった方が良いですが、お客様の口に運ぶものを提供するのであまり気軽に、誰でもという考えにはしたくありません。本気で飲食店開業をめざしたい、チャレンジしたいという人に使ってほしいサービスです」と荒木さんは想いを話した。

物件提供者、借りたい人の特徴は?

物件を間借りしたい人で一番多いのは、「飲食店経験があり、一人で経営してみたいという人」だという。ほかにも、2~3店舗目のテスト出店として利用するケースや、1週間に1回ほど副業としてお店をやりたい飲食店未経験者などさまざま。
また、物件を貸し出すお店のバリエーションも豊富で、中でもスナックやバーなどが多いという。人気物件の条件は、路面店で5坪程度のお店。個人での開業を希望する人が多いため、広すぎず、お客さんが入りやすい物件は人気がある。非公開の物件もあるので、一度問い合わせてみるのも良いだろう。先述の通り、物件を借りるには審査はあるが、見に行くのは内見と同じなのでぜひ気軽にどうぞとのことだ。

さまざまな使い方ができる『よじげんスペース』


荒木さんに、どのように『よじげんスペース』を使ってほしいかを伺った。
「飲食店開業希望者には、まずテストマーケティングとして使ってみてほしいです。最初から資金をかけて開業するよりも安く始めることができるので、経営がうまくいくかどうかを見極められます。ダメそうならやめて、次また始めれば良いんです。また、独立希望のスタッフがいる時なども最初から物件を探して始めるのではなく、ワンクッション挟んで間借りから始めて見ても良いと思います」。

また、物件提供者は「営業時間外など、遊ばせている空間があれば“間貸し”して収益化につながるか試してみるのも良いと思います。単純にプラスの売上になるので、ランチをやめたいという店舗さんにもおすすめです」という。

そのほか、同社では運営に必要なサービスも紹介して店舗開業・運営をサポートしてくれるという。開業資金から運営まで飲食店開業に寄り添う『よじげんスペース』に今後も注目していきたい。

『よじげんスペース』

株式会社よじげん

〒160-0022

東京都新宿区新宿3-10-11国定ビル4F

関連記事