NEWS 2019.03.05

予約管理台帳システム「お席トットくん」、Yahoo!ダイニングと連携を開始

予約管理台帳システム「お席トットくん」、Yahoo!ダイニングと連携を開始

株式会社イデア・レコードは、Yahoo!ダイニングと連携し、予約管理台帳システム「お席トットくん」を機能強化。飲食店の予約管理業務を劇的に改善し、業務支援プラットフォーム開発の加速へ。

店舗型ビジネスにおけるWebソリューションを展開する株式会社イデア・レコード(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 兼 CEO 柏田康雄氏、以下イデア・レコード)は、ヤフー株式会社が運営する飲食店予約サービス「Yahoo!ダイニング」と連携し、イデア・レコードが自社で開発・運営する予約管理台帳システム「お席トットくん」と、「Yahoo!ダイニング」からの予約との正式連携を開始した。

予約管理台帳システム「お席トットくん」は、イデア・レコードが、自社で運営する飲食店特化型のコールセンターの声をもとに誕生したクラウド型の予約管理システム。

近年、飲食店検索や予約を行うグルメサイトやSNSの多様化により、エンドユーザーは24時間いつでも好きな時に飲食店を検索し予約することができる。
その一方で、飲食店では、グルメサイトやSNSなど多くの媒体に掲載すればするほど、媒体ごとの情報更新や予約管理が煩雑になり、接客や調理など本来の店舗業務に加え媒体更新作業に追われてしまうケースが増えている。
イデア・レコードの予約管理台帳システム「お席トットくん」は、「Yahoo!ダイニング」とのAPI連携により、「Yahoo!ダイニング」に入った予約情報(座席やコース内容、キャンセル管理など)をリアルタイムに共有することが可能になった。
※2019年3月時点では一部の店舗のみ先行対応。4月上旬より順次対応店舗を追加。

Yahoo!ダイニングについて

オンラインで日時や場所、人数を指定して検索してレストランや居酒屋、カフェなど飲食店の席やコースの予約ができる飲食店予約サービス。Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方は、メールアドレスなどの入力を省略でき、マイページから予約されているお店や、過去に予約したお店の情報を確認することが可能。
 

イデア・レコードが描く将来像

イデア・レコードは2012年の会社設立より「店舗型ビジネスにおけるWEBソリューション」をコンセプトに、コールセンター事業・WEBマーケティング事業・クラウド事業を展開し、店舗運営をされる方々が抱える様々な課題に対して「事業運営」と「マーケティング戦略」の2軸の視点からソリューションベースで考え、ワンストップで課題解決に導く策を提案している。
今回、「Yahoo!ダイニング」とAPI連携を行った予約管理台帳システム「お席トットくん」は、店舗や管理部門、コールセンターが全体を俯瞰して把握できるプラットフォームを目指して設計しており、電話、FAX、ネット、SNSなど様々なチャネルからの受付、変更やキャンセルなど予約台帳としての基本的な機能はもちろんのこと、各種グルメ媒体の予約集計や分析、在庫連携、自動更新、シングルサインオン、共通アカウントでログインしても対応者の個人名を記録する機能など、予約管理の質を高める機能を多数取り揃えている。レストラン、居酒屋、料亭など、個店から大手チェーン店まで幅広く利用されている。
API連携によって予約の一元管理を実現するだけではなく、現在イデア・レコードが開発を進めている業務支援プラットフォーム「G.A.T.E.」の世界をさらに拡大させ、かねてより提唱している企業文化を壊さない業務支援RPAの実現へと成長していく。

リリースの詳細について(PR TIMES)

■株式会社イデア・レコード プレスリリース

関連記事