NEWS 2019.02.25

メディアシーク、セキュリティ対策を強化したQRコードリーダーを提供(PR TIMES)

メディアシーク、セキュリティ対策を強化したQRコードリーダーを提供(PR TIMES)

改ざんされたQRコードを99%検出!メディアシーク、キャッシュレス決済向け「セキュアQRコードリーダー」を開発し、提供を開始する。

株式会社メディアシーク(本社:東京都港区、代表:西尾直紀氏)は、今後拡大が予想されるQRコードを利用したキャッシュレス決済に向け、セキュリティ対策を強化したQRコードリーダー「セキュアQRコードリーダー」を開発し、2019年2月25日より提供を開始。
「セキュアQRコードリーダー」:https://www.mediaseek.co.jp/secureqrcodereader/

QRコードを使ったキャッシュレス決済が一般化するに伴い、決済用QRコードの偽装・偽造などが懸念される。
メディアシークでは、決済時に発生しうる偽装・偽造を未然に検知すべく、セキュリティ機能を強化したQRコードリーダー「セキュアQRコードリーダー」を開発し不正対策に取り組んでいく。QRコードを使った詐欺等の犯罪被害事例は、キャッシュレス化が進んでいる中国などにおいて多数報告されており、日本での普及に合わせできる限りの対策が必要となる。

QRコード自体は技術的に改ざんすることが可能だ。
例えば、(1)支払先口座情報を別の口座情報に仕向ける(2)支払金額を変更する、といった不正の可能性が考えられる。そこで、メディアシークでは、世界最高レベルの読取り性能を誇る累積2,900万ダウンロードのスマートフォン向けバーコードリーダーアプリ「アイコニット」の画像解析技術を活用し、改ざん可能性のあるQRコードを99%(※メディアシーク調べ)検出できる「セキュアQRコードリーダー」の提供を開始した。今後、QR決済事業者向けに不正QRコード検出のプラットフォームを提供する。

セキュアQRコードリーダーの仕組み

メディアシークでは以前より、読み取り性能向上のために、読み取り不可能であったQRコード情報を利用者から収集し、そのビッグデータを用いて読み取りエンジンの改良を行っている。
今回の製品でも不正が疑われる決済用QRコードのデータを収集し、そのビッグデータを解析する事で、不正検出精度をさらに上げていくという。

「セキュアQRコードリーダー」:https://www.mediaseek.co.jp/secureqrcodereader/
「バーコードリーダー/アイコニット」:https://www.iconit.jp/

リリースの詳細について

■株式会社メディアシーク プレスリリース

関連記事