NEWS 2019.02.18

honestbee、実店舗への来店を促す「1FOR1」サービスをスタート(PR TIMES)

honestbee、実店舗への来店を促す「1FOR1」サービスをスタート(PR TIMES)

「1FOR1」コンセプトを取り入れたhonestbeeによる新サービス「beeHive」日本初上陸。外食産業の活性化を目指し、100店舗以上の参画でスタート~2019年2月18日(月)よりサービス開始。

シンガポール発、アジア最大級の食のマーケットプレイス「オネストビー」を展開するhonestbee株式会社(以下オネストビー、所在地:東京都江東区、代表取締役:ジョエル・シング・ジウェイ氏) は、2019年2月18日(月)より、国内初となる100店舗以上のレストランが集まる「1FOR1」(ワンフォーワン)サービス「beeHive(ビーハイブ)」を、同マーケットプレイスにて開始する。

「1FOR1」サービスは、お客様が来店し1品注文するともう1品無料になる年会費制(年間4,980円)のサービス。
今回、新たに設けられるオネストビーの年会費制プログラム「beeHive」に登録することで利用できる、サブスクリプション型のビジネスモデルだ。

国内の外食産業の冷え込みが叫ばれるようになってから久しく、2018年の店舗(※1)への来客数も前年比99.7%と伸び悩み、長期的に減少の一途を辿っている。(※2)
オネストビーでもこれまで、お客様へレストランからお料理を配達するフードデリバリーサービスを提供する中で、店舗に来店するお客様を増やしたいというレストラン側の声を実際に数多く伺ってきた。その要望に応えるべく、オネストビーは今回、従来の買物代行とフードデリバリーサービスに加え、実店舗への来店を促す起爆剤として「1FOR1」サービスの開始に至った。

「beeHive」の対象となるメニューは、手軽に食べられるメキシカンブリトーから10,000円以上するコース料理まで、レストランによって様々で、お友達からご家族まで幅広いシーンでお得に利用できるサービスとなっている。1レストランブランドにつき最大4回まで利用できる「1FOR1」チケットにより100レストランブランドで利用した場合、年間最大400回まで利用可能、実質月額415円で平均で月33回まで来店特典が受けられる。

「beeHive」は今後、100店舗より更に店舗とレストランブランド数を拡大する予定。オネストビーは、「beeHive」を通し、店舗への新規来店/継続来店に繋げることで、今後も外食産業全体の活性化に貢献することを目指していく。
(※1)テイクアウトを提供しているファストフード店以外のレストランの来客数を元に算出
(※2)日本フードサービス協会「外食産業市場動向調査 平成30年(2018年)年間結果報告」より

「beeHive」サービス概要

  • サービス内容
    レストランに2名以上で来店し、対象品を1品注文すると、同じ品が1品無料になるサブスクリプション型のサービスです。
  • サービス開始
    2019年2月18日(月)
  • 対象店舗数
    オネストビー提携レストラン100店舗以上
  • 年会費
    4,980円(税込)
  • 利用可能エリア
    東京23区
  • サイトURL
    https://japan.honestbee.jp/beeHive
<利用イメージ>
用イメージ
※お食事代は現地での支払いとなる

リリースの詳細について

■honestbee株式会社 プレスリリース

関連記事