NEWS 2019.02.12

店頭販促用デジタルサイネージ「19VB impactTV」が新発売!(PR TIMES)

店頭販促用デジタルサイネージ「19VB impactTV」が新発売!(PR TIMES)

株式会社メディアフラッグの子会社で、店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTVは、店頭販促用デジタルサイネージ「19VB impactTV」を新発売する。

流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫氏、東証マザーズ6067)の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTV(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 川村雄二氏)は、店頭販促用デジタルサイネージ「19VB impactTV」を発売。

19VB impactTVの概要

19VB impactTV は催事エンドコーナーの設置に最適な18.5インチ画面のデジタルサイネージ。
好評だった「19G impactTV」の後継機種で、ハイビジョンコンテンツ再生、人が通るタイミングで動画再生を開始する人感センサー搭載といったい機能や操作性はそのままに、従来機種から画面縁を狭め、同時に筐体の薄さを追求するなど、製品としての完成度をさらに高めた。
また、新たにシンメトリーな筐体デザインを採用。標準金具を利用した縦横設置が可能となり、直近トレンドになりつつある縦型コンテンツにもスムーズに対応。さらに450カンデラの高輝度で、明るい空間でも優れた視認性を発揮する。

19VBimpactTV19VBimpactTV

19VB impactTVの主な特徴

  • 縦・横設置に対応!縦長の商品や人の全身を縦画面で再生することで、視聴者に強烈なインパクトを残す
  • 人感センサー搭載! 人の接近に合わせてのコンテンツの頭出し再生や、人が近づいた時のみ画面が点灯、再生開始といった省エネ運用ができる
  • 高輝度450カンデラ!明るい空間でも優れた視認性を発揮
  • メモリ内蔵モデル! SDカードを別途用意しなくても、1.8GBのメモリをコンテンツファイル領域として使える

19VB impactTVの仕様

  • 品名:19VB impactTV
  • 表示画面:18.5インチワイドIPS
  • 解像度:1366×768pixel
  • 記憶媒体:使用可能内部メモリ1.8GBえまたはSD Card(最大64GB)
  • 外寸※1:W461×H272×D38 (mm) ※1外寸は小数点以下を切り上げして表記
  • 重量:約3.2kg
  • 電源:ACアダプタ(100-240V 50/60Hz)
  • 消費電力:定格24W
  • 標準付属品:取付金具・取扱説明書・リモコン(オプション)
  • 主な機能 :人感センサー・タイマー設定・リピート・プログラム再生・スケジュール再生・USBメモリコピー

リリースの詳細について

■株式会社メディアフラッグ プレスリリース

関連記事