NEWS 2019.02.11

デートにコミットするアプリ「Dine」、飲食店への送客が25,000人突破!(PR TIMES)

デートにコミットするアプリ「Dine」、飲食店への送客が25,000人突破!(PR TIMES)

デートにコミットするデーティングアプリ「Dine」(ダイン)を運営する株式会社Mrk & Co(本社:東京都渋谷区、代表取締役:上條景介氏)は、デートの自動予約サービスを開始した2018年7月から2018年12月の半年間で、飲食店への送客人数が約25,000人を突破したことを発表した。

飲食店デートをアプリでマッチング!1カ月で約100件の予約が入る飲食店も

2016年に北米で誕生したDineは、レストランで会うことを前提とした第3世代「デート直結型」のマッチングアプリ。2017年11月には日本に進出。国内では現在、東京・大阪・福岡の3都市に展開している。

2018年7月には日本最大級のグルメコンシェルジュサービス「ペコッター」と連携し、レストランの自動予約サービスを開始した。これによりユーザーは面倒なお店探しや予約手続きを行うことなく、マッチングからデートまでよりスムーズに進むことができるようになった。

今回、自動予約サービス導入後半年間の飲食店への予約電話数と実際の送客数を集計した結果、Dineに掲載している飲食店への予約電話数は毎月増加しており、送客数は累計25,000人を突破。こちらの経済効果は1億2,500万円以上の試算となる。(※Dineユーザーのデート単価を平均約5,000円とした場合)

多いところでは1カ月で約100件の予約がDine経由で入る飲食店も出てきている。なお、12月は繁忙期で満席が続出したため予約が取れず、予約電話数は伸びたものの送客数は減るという、飲食店ならではの現象も見られた。

「Dine」について

ファーストデートまでの流れ

2017年11月に日本でもリリースされた、米国発のレストランデートマッチングアプリ。「人の本当の魅力は会ってみないとわからない」という考えのもと、マッチングしたユーザー同士の初デートをアレンジ。
デート場所となるレストランやカフェも、Dineが初デートに相応しいお店を厳選し紹介している。2019年2月現在、日本では東京および大阪、福岡でサービスを展開。

  • サービス開始:2017年11月(日本)、2016年(カナダ、アメリカ)
  • 利用料金:有料プラン、サービス内課金あり
  • 公式HP:https://dine.dating/ja

リリースの詳細について

■株式会社Mrk & Co プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000029035.html

関連記事