NEWS 2019.01.30

録画サービスCieroがスマレジと連携|レジ周りのトラブルを解決!(PR TIMES)

録画サービスCieroがスマレジと連携|レジ周りのトラブルを解決!(PR TIMES)

クラウド録画サービス「Ciero」が高機能クラウドPOS「スマレジ」に連携対応する。レジの過不足金、金銭トラブルの解決やマーケティングへの映像活用を支援。

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社(以下、VIO)は2019年1月30日より、クラウド録画サービス「Ciero」を、株式会社スマレジ(以下、スマレジ)が展開する高機能クラウドPOS「スマレジ」に連携対応する。

連携イメージ
連携イメージ

背景:レジ周りにおけるトラブルの防止が難しく、解決に時間がかかる

飲食・小売店舗において、レジの過不足(違算)金や顧客との金銭受け渡しを巡るトラブルは、会計上の問題に加えて、スタッフのモチベーション低下を招く原因となる。
しかし、完全防止や原因の特定は難しく、解決には多くの時間や労力を要するものとされていた。

連携の概要:「スマレジ」のレシート情報をもとに「Ciero」のカメラ映像を検索

これに対し、VIOはクラウド録画サービス「Ciero」と、スマレジが展開する高機能クラウドPOS「スマレジ」を連携させることで、レジ周りのトラブルに関する迅速な原因特定と早期解決をサポートする。

具体的には、レシートに記載されている「レシートNo.」や「JANコード」「商品名」「レジ担当者」などをキーに映像を検索し、当時の映像を即時再生することが可能。
これにより、例えば、顧客との金銭受け渡しに関するトラブルや過不足金が発生した場合、その場ですぐに確認することができ、早期解決が可能となる。さらに、購入商品を検索することで、映像から購入者の属性も確認できるため、マーケティングへの活用も可能だ。

将来:飲食・小売店舗における業務効率化、マーケティング強化を支援

VIOは、今後、飲食・小売店舗における業務効率化およびマーケティングの強化において、スマレジと協力して推進していく。さらに、様々な解析・AIベンダ、システムンベンダと連携して、映像の可能性を追求する。

新機能「スマレジ連携」の概要

提供開始予定日:2019年1月30日
料金:「スマレジ」連携 1カメラあたり月額2,000円
※連携にはスマレジのプレミアムプラン以上のご契約が必要

リリースの詳細について

■パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 プレスリリース

関連記事