NEWS 2019.01.21

飲食店の未来の姿⁉|ロボットレストラン、来店者数3.5万人突破!(PR TIMES)

飲食店の未来の姿⁉|ロボットレストラン、来店者数3.5万人突破!(PR TIMES)

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する中国・小売業No.1の大手EC&小売インフラカンパニー京東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:劉強東 本社:中華人民共和国 北京市 NASDAQ:JD)は、中国天津市の天津エコシティ内にオープンしたロボットレストラン「京東X未来レストラン」の来店者数が、オープンから51日目となる2018年12月31日に3万5000人を突破したことを発表。

全自動化の未来型レストラン

「京東X未来レストラン」は、料理の注文、調理、配膳から、サービス、会計までの全工程をAIロボットとAI管理で運営している最新型レストラン。レストランの面積は400平方メートルあり100名まで収容可能。オープン2日目には延べ1000人以上が来店し、現在も賑わいを見せている。

“本物の美味しさ”が楽しめる料理は、有名シェフが監修したレシピに基づき5台の調理ロボットが調理。調理ロボットは1日に600食以上を調理しており、でき上がった料理は配膳ロボットによりテーブルに運ばれる。各テーブルで注文された料理は平均15分~30分ですべてそろうという。
料理を運ぶ配膳ロボットは自動で配膳ルートを計算し、1日に約20キロを移動。また1日500回以上テーブルに料理を運んでおり、オープンした2018年11月10日から2018年末までに移動した距離は累計1000キロに及ぶ。

ロボットレストラン外観
ロボットレストラン外観

アプリ上から料理を注文
QRコードを読み込み、アプリ上から料理を注文

オーダーをロボットが調理
オーダーをロボットが調理

ボーダーレスリテールの実現

現在「京東X未来レストラン」では、エンドユーザーに料理を提供するまでのサプライチェーンを均一化するセントラルキッチンを構築し、スマートレストラン運営システムの確立を進めている。顧客のビックデータから毎日必要な材料を正確に仕入れ、最適化されたオペレーションによって最高の食事体験を提供。
これからも京東はロボットレストランを通して、AI技術と飲食業界の融合による積極的なイノベーションを継続させながら、「ボーダーレスリテール(無界小売)※1」の実現をめざす。

※1「ボーダーレスリテール」とは:京東が提唱する、オンラインとオフライン(実店舗)、物流機能まで融合させたビジネスの総称。消費者にいつでも・どこでも、オン・オフラインの境界線すらも越え快適に消費できる環境を提供する世界のこと。京東はこの「ボーダーレスリテール」を、小売業のあるべき姿と考え、そこに近づくためのサービスを提供。京東劉CEOはこの「ボーダーレスリテール」ついて、「シーンは無限、貨物に国境は無く、人と企業の間にも壁はない」と話している。

「京東X未来レストラン」プロジェクト責任者 唐思宇 コメント
現在、ロボットレストランで使用する次世代の調理ロボットを開発中です。このロボットレストラン1号店の成熟化に伴い、全国展開に向けた新たなレストランの運営企画が進行しています。


中国で初めて、料理の注文から会計、調理、配膳、サービスをロボットにより自動化したレストラン「京東X未来レストラン」。未来の飲食店の姿がここにあるのかもしれない。今後も拡大、進化しつづける未来型レストランの動向から目が離せない。

リリースの詳細について

■JD.com京東日本株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000034149.html

関連記事