EATAS
デリバリー|テイクアウト2019.01.22
EATAS

モバイルオーダー&ペイアプリ『iToGo』でテイクアウトの売上アップ!

モバイルオーダー&ペイアプリ『iToGo』でテイクアウトの売上アップ!

株式会社ジャストプランニングが提供する『iToGo(アイ トゥ ゴー)』は、テイクアウトの売上増と業務効率化を両立させたモバイルオーダー&ペイアプリ。
経済産業省の推進する「IT導入補助金2020」認定ツールで、補助金を利用しての導入が可能となっており、飲食店ができるコロナウイルス感染症対策として、是非検討してほしい。

モバイルオーダーとは?

飲食店の店頭で販売しているテイクアウト商品を事前に注文できるシステムで、お客様が店頭で商品を受け取るまでの待ち時間がなくなり、人と人との接触を減らせると飲食店が取り組める感染症対策として話題になった。

iToGoはどんなアプリ?

iToGoは、ユーザーのスマホからいつでもテイクアウト注文が可能。ユーザー側で受け取り時間の指定が可能で、待ち時間がない。さらにカードでの事前決済と店頭決済にも対応しており、人との接触を減らす以外に、業務負担も軽減されるアプリだ。

iToGoは「IT導入補助金2020」に認定されています

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入し、その経費を一部補助することで、業務効率化と収益アップをサポートする取り組み。
iToGoは対象ITツールとして認定されているので、飲食店では補助金を利用し、iToGoを導入できる。※詳しくはお問い合わせください。

iToGoで叶える業務効率化

店舗側にも「忙しいからテイクアウトの受付ができない」という時間帯もある。その場合は、店舗が受付不可の時間帯を設定することで、ユーザーがその時間を選択できないようになり、ピーク時のテイクアウト受付をコントロールすることができる。 注文を受けた際は、PC・タブレットに対応している『iToGoキッチンアプリ』で受信して、音と光で知らせてくれるので、店舗でのオペレーションを変えることなくスマートな運用ができる。ユーザーの来店予定時間の30分前には、アラームが表示されるので作り忘れを防いでくれる。

テイクアウト増加の理由は自店の専用アプリ

iToGo最大の特徴は、自店の専用アプリを運用できること。同社が店舗専用のアプリを作成してくれるので、お客様が店舗専用アプリにアクセスすると、そのお店のロゴが表示される。 「よく行くお店のロゴ」というブランディングにもつながり、リピーターになりやすく確実に売上がアップしていく。


導入効果について

iToGoを導入している飲食店の多くは、テイクアウト業務のオペレーションがうまくいかないといった悩みを抱えていたという。

「iToGoによってテイクアウト業務のオペレーションが改善でき、リピーター獲得、単価アップなどで導入している店舗の売上は確実に上がっています。これからテイクアウトの需要は上がってくるので、ぜひ『iToGo』を使ってほしい」と同社の担当者は話していた。

同社ではたくさんの人の意見を聞き、使いやすいアプリの制作・提供を心がけているという。テイクアウトの売上が2割ほどアップした事例もあるそうだ。 コロナ禍でテイクアウトの密回避に話題となったモバイルオーダー。導入を考えている店舗に是非検討してほしい。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。