NEWS 2018.01.18

スマートフォンによる「QRコード決済」でフリープラスと協業をスタート! (PR TIMES)

スマートフォンによる「QRコード決済」でフリープラスと協業をスタート! (PR TIMES)

インバウンド向け飲食店予約及びスマホ決済サービス『日本美食(ニホンビショク)』等を運営する日本美食株式会社は、インバウンド向け旅行事業を展開する株式会社フリープラスとの協業をスタート。

インバウンド向け飲食店予約及びスマホ決済サービス『日本美食(ニホンビショク)』等を運営する日本美食株式会社(東京都港区 代表取締役社長:董路〔ドン ルー〕、以下日本美食) は、インバウンド向け旅行事業を展開する株式会社フリープラス(本社:大阪市北区、代表取締役社長:須田健太郎、以下フリープラス)との協業をスタートし、訪日外国人にとって悩みの一つとなる「決済」に関して、外国人にとって利便性の高いスマートフォンによる「QRコード決済」を協業。

日本美食のロゴ

今回、訪日旅行事業において累計30カ国50万泊以上の観光客を受け入れや、企業に対するマーケティング支援などの実績のあるフリープラスと協業が実現することにより、「日本美食」が従来提供してきた『海外からの観光客と飲食店をつなぐサービス』だけでなく、今後観光に関わる小売業などに対しても日本美食が有する「日本美食QRコード決済」のサービスを展開。このことにより、インバウンド向けの総合的なサービスに着手する。

1.背景と目的

日本を訪れる外国人旅行者数は年々増加しており、2016年においては2,404万人(前年比21%増加)に達した(※1)。また、日本政府は、訪日外国人旅行者数を2020年に4,000万人、2030年に6,000万人へと増加させる目標を掲げており、直近においては2017年10月18日に日本政府観光局から発表された9月の訪日外客数の速報値は228万人(前年同月比18%増加)に達し、今後、さらに訪日旅行業界は拡大していくと期待されている。

※1:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数(総数)」より

この状況の中、来日した外国人旅行者の悩みの1つは、現金でしか支払えないこと。この悩みを解消し、同時に受け入れ側の民間企業の悩みを解消すべく、スマホ決済のインフラ整備をフリープラスの支援により実現。

「日本美食QRコード決済」は日本美食が提供するスマホ決済。

QRコードを読むだけで、飲食店や小売店側と観光客側の両方のストレスとなっていた「決済」が簡単に完了する。

オペレーションの流れ

■ 日本美食について ■

来日した外国人観光客の飲食店においての悩みは、「探せない」「通じない」「払えない」。この3つの悩みを解消し、同時に受け入れ側の飲食店の悩みを解消すべく、インバウンド領域において「成果報酬型送客・多言語対応コンシェルジュ予約・事前決済・店頭スマホ決済」といった機能を持ったサービスを提供している。

3つの悩みを解消

現在日本美食社は、多数の上場飲食企業数を始め、ミシュラン星獲得店舗様などの多くの飲食店が契約・導入している。

契約店舗の一例

■日本美食株式会社 プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000022842.html

関連記事