悩み解決|効率化 2018.11.13

【飲食店向け】無料で使える予約管理システム・アプリを比較してみた

【飲食店向け】無料で使える予約管理システム・アプリを比較してみた
1
予約管理システムとは?できることは?
2
予約管理システムのメリットデメリット
3
無料で使える予約管理システム・アプリ紹介

目次

店舗の営業時間にのみ電話で予約を受け付けているだけでは、集客効果が足りないと感じているオーナーも多いのではないだろうか。飲食店で使える予約管理システムやアプリには、無料プランがあるものも多く存在する。無料で24時間自動予約受付ができるため、オペレーションミスの軽減や機会損失防止の効果も期待できる。ここでは無料で使える予約管理システムを使用するときのメリットや注意点、おすすめのシステムも合わせて紹介していく。

予約管理システムとは?できることは?

予約管理システムとは、飲食店の予約を、電話応対などの必要なくネットで自動受付するシステムのことだ。店舗の規模などによっては、電話で応対して紙の予約台帳に記入し、まめに確認するのが大変なときもある。このような飲食店の予約を受け付けるときの効率化を図るために、また予約の確認ミスやオーバーブッキングなどの心配を減らすために使用されるのが予約管理システムだ。

電話やネットでの予約を自動で応対し、入った予約情報をクラウド上の管理表に入れて、スタッフ間で情報を共有することができる。管理表と空席情報を連携させると配席管理もスムーズに処理することが可能だ。また、顧客台帳と連携させると、顧客の年代や嗜好、来店履歴などの情報を保存することもできる。なかには、一斉メール配信やネット広告配信などの機能が使えるものもある。来店から数日後、誕生日やイベント時にメール配信を行うことでリピートを促し、集客に役立てられる。 

注文を管理しているシステムと連携すると、顧客の注文履歴まで保存でき、過去の注文履歴から仕入れの予測を立てることにも使える。予約管理システムは、このように業務の効率化や集客機能、顧客管理など幅広い用途に利用可能なのだ。

予約管理システムのメリットデメリット

予約管理システムを導入すると、どのようなメリットが得られるのだろうか。また、導入の際に生じるデメリットもチェックしておきたい。実際に役立つポイントや問題点について、具体的に解説していく。

メリット

予約管理システムでは、24時間ネットで予約受付が可能となる。店の営業時間外など店舗に誰もいないときでも予約を受けられるので、機会損失を抑えることができる。また、ネット予約では予約日時や人数、注文メニューなど、予約に必要な情報を顧客が入力してくれる場合がほとんどだ。電話予約時にありがちな確認もれや聞き間違いがなく、顧客の要望なども詳しく確認できる。そして電話ではあまり確認することがない顧客情報を入力してもらうことで、顧客管理に役立てることもできるだろう。

現在では、予約管理システムの導入によるメリットは多く、非常に幅広い点で効率化が期待できる。

デメリット

予約管理システムでは、店舗やスタッフによってはシステム上から入った予約をうまく管理、運用できない場合もある。スタッフがシステムの利用を苦手としていると運用が難しいため、事前に研修などをしっかりと行っておくことが必要だ。また、ネットで簡単に予約ができることから、キャンセルも簡単されてしまうケースが発生するかもしれない。予約後のフォローや当日にリマインドをすることでキャンセルを少しでも減らしたい。

予約管理のイメージ画像

無料で使える予約管理システム・アプリ

予約管理システムは、実際に集客効果が見込めるのか、業務の効率化につながるのかなど、費用対効果をしっかり計算してから導入する必要がある。ただ、無料で使用できるものもあるので、事前に機能をチェックするために活用してみるのもよいだろう。ここでは基本機能が無料のシステムやアプリをいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

Airリザーブ(基本機能無料)

Airリザーブでは24時間ネット予約受付が可能だ。すべての予約を管理し、効率よく売上を伸ばすことができる。Webサイトで予約ページを作成して受付を行うことや、予約管理、顧客管理、メール配信機能がついている。予約状況は予約者と店舗スタッフが確認できる。

有料版では多くの拠点を管理することも可能だ。とにかくコストをかけずに予約管理システムを取り入れたいオーナーや、複数店舗を運営しているオーナーにおすすめ。

  • 基本機能が無料
  • 電話やネット予約などすべての予約をクラウドで一括管理
  • カレンダーに書き込む要領で簡単に予約、店側での管理も簡単


ChoiceRESERVE(無料デモあり)

ChoiceRESERVEは、予約サイトで24時間予約受付が可能。予約のキャンセルや決済、満席時のキャンセル待ち機能では、席が空いたときに自動でメール通知を行う。予約と同時にアンケートの依頼もできる。店舗ごとに管理IDを設けることで、役職者が必要な機能を活用できる。

これら有料版を2週間デモンストレーションとして無料で体験でき、その設定を引き継いだまま有料版へと移ることも可能。まずは使用感を試したいと考えるオーナーに向いている。

  • 2カ月ごとのミニカレンダーで予約状況と顧客情報、顧客の利用実績などを確認
  • 管理者IDごとの権限設定とパスワードの複雑化などによりセキュリティ対策が万全
  • 同一顧客の重複予約防止設定


SELECTTYPE(フリープランあり)

画面上に広告が表示されたり、作成可能フォーム数に制限があったりはするが、ほとんどすべての機能を期間の定めなく無料で使用できる。予約フォームでネット予約を受付。顧客情報の管理、臨時営業の受付や休業情報を掲載する機能が使用できる。メールマガジンの配信は有料プランでのみ可能。件数などに制限がかけられているが、さまざまな機能を利用してみたいオーナーや、フォーマットを用いた簡単な予約フォームを作成したいオーナー向き。

関連記事>>>
約10分で予約システム付きHPを作ってみた 

  • Webのあらゆるフォームを簡単に作成
  • イベント作成、イベント参加申し込み受付
  • 予約情報を元にした統計機能


EDISONE(フリープランあり)

Web予約システムのEDISONEは、業種ごとに適したタイプから選んで使用することができる。飲食店のタイプを選び、業種に特化した機能を使える点が魅力だ。店舗のホームページも簡単に作成できる。予約管理、顧客管理機能とスタッフの管理機能が無料で利用できるフリープランは、広告が表示される点を理解しておこう。できるだけコストをかけずに、さまざまな機能を利用してみたいオーナーに向いている。

予約時のクレジット決済対応、複数店舗対応、誕生日メール、サンキューメールの配信などは有料プランのみの機能だ。

  • シフト登録でスタッフ管理が可能
  • 座席、メニュー、日時等を選択して簡単予約
  • パソコンが苦手でも無理なく使える簡単操作


BrovalApp(無料アプリ)

BrovalAppは、iPadを使って電話やネットからの予約を一括管理できる無料アプリだ。Webサイトや会員証アプリから24時間受付が可能。予約の確認、キャンセル、変更までをスマートフォン、iPadで管理できる。手持ちの端末で手軽に予約管理システムを取り入れてみたいオーナーに向いている

  • 予約受付時に予約者・予約管理者・サービス担当者にメールを配信
  • 会員証システムと連携し、来店実績の管理やポイント発行が可能
  • 予約者を性別や年代別に集計し顧客分析


無料の予約システムを利用するときの注意点

無料の予約システムでは、予約ページに広告が表示される、有料のシステムのように多くの機能を使用できない使用期間に定めがあるなどの注意点もある。

無料版では顧客に対するサンキューメール、アンケート調査、顧客の分析など、集客につなげられる機能が使えない場合も多い。また、クレジットカード決済、多店舗の予約管理、多言語対応の機能など、店舗の運営規模によっては必要とされる機能がついていない場合も多いだろう。また、予約件数の制限があるケースもみられる。

まずは基本的な機能を使ってみたいという場合には、無料のシステムで十分だ。それだけでもかなり業務の効率化が図れるだろう。簡単で使いやすい無料システムは非常に魅力のあるツールだ。もし、システムを使用しているうちに次々と機能を追加したいと思った場合には、あとから有料版へのアップグレードも検討してみるとよいだろう。機能が使えないと意味がないが、なるべく無駄な費用をかけずに自店に合ったツールを見つけることが重要だ。

有料版を含めた比較記事はこちら>>>
飲食店向け予約管理システムおすすめ10選比較

関連記事