商材|IT・情報 2018.10.03

手軽に始められる中国人向けスマホ決済アプリ

手軽に始められる中国人向けスマホ決済アプリ
1
AlipayとWeChatPayの両方が使える決済アプリ
2
『招待pay』の3つのポイント
3
手軽に中国人客を取り込もう

現在、さまざまな支払いの方法がある中、「スマホ決済」に対応したいと考える人も多いのでは? 今後、日本はインバウンドの増加にともないキャッシュレス決済比率が高まっていくと予測されるが、中国ではすでにAlipayやWeChatPayなどのQRコード決済が主流になっている。株式会社マイオーダーが取次をしている『招待pay』アプリでは、中国2大決済と言われる、この2つのQRコード決済が使用できる。

中国2大決済に対応できる『招待pay』

中国でのモバイルペイメントの中で大きなシェアを持つAlipayとWeChatPay。『招待pay』はこの2つの決済方法に対応できるアプリとなっている。アプリを複数入れることなく、ひとつで完結。店頭にスマートフォンやタブレットを置くだけで簡単に始めることができるのだ。

言うまでもなく、中国では当たり前のように使われている決済方法のため、日本でも利用できるというだけで中国人客の集客につなげることができるのが最大のメリットだ。


中国2大決済に対応

『招待pay』3つのポイント

手数料が安い!

クレジットカードや銀聯カードよりも安い手数料となっている(決済手数料は別途見積もり)

再訪の促進ができる!

アプリ内に集客用コンテンツがあり、地域や業種からお店が探せるようになる。それをもとに後日、来店者へメッセージが送信できる(要承認)

気軽に始められる!

初期・月次の固定の費用は一切かからず、売上に応じた手数料のみ。申し込みから一週間でスタートできる。

他にもお役立ち機能として、任意の期間で各処理の集計を表示できたり、POSレジと連動させれば伝票番号の入力やスキャンができたり、アプリ内の決済履歴データに簡単に伝票番号を紐付けることもできる。

サービスの流れ

中国人客の需要を取り込もう!

QRコードを用いた決済方法は、非常にシンプルでお手軽。店舗は、端末のレジアプリに金額を入力し、QRコードを表示する。ユーザーはスマホでQRコードをスキャンをすれば良いだけで、2~3秒で決済は完了する。簡単なだけでなく、都度、異なるQRコードが表示されるのでセキュリティも安全だ。

AlipayとWeChatPayでの決済に対応していることをPOPやステッカーでアピールすれば、これまで中国人客を取り込めていなかったお店だけでなく、すでに訪れているお店でも、より多くの来店が期待できることだろう。

今後インバウンドをより集客したいと考えているなら、決済方法は集客の大きなカギとなる。『招待pay』は導入費が無料なので、ぜひを試してみては。

関連記事