商材|IT・情報 2018.09.04

オリジナルアプリ制作から運用までを一貫サポート

オリジナルアプリ制作から運用までを一貫サポート
1
『アプリクッキング』3つの特徴
2
導入事例から学ぶオリジナルアプリの効果
3
アプリを上手に活用してお店のファンを作ろう

スマホアプリ専門のアプリ制作・開発会社、株式会社アプリクッキングは600以上のアプリを制作してきた実績を持つ。アプリクッキングではアプリを作るだけではなく「作ったあとにどのように活用するか」までを徹底サポート。飲食店でのアプリ制作の実例を効果と共に紹介していく。

『アプリクッキング』の3つの特徴

『アプリクッキング』画面イメージ

コストパフォーマンス

『アプリクッキング』のアプリ制作費用は、定額料金制となっている。

「プッシュ通知機能」「会員証機能」「スタンプカード機能」「クーポン機能」を搭載したアプリが作れるベーシックモデルは、制作費用99,800円/月額14,900円。ベーシックモデルの機能に「チャット機能」と「ゼメント配信機能」などをプラスしたプロモデルは、制作費用198,000円/月額29,800円だ。「スマホアプリ専門」「すべてを自社開発」「無駄な工程を排除」することで、この高いコストパフォーマンスを実現しているという。


誰でも簡単に運用できる

アプリはiOS版とAndroid版の両方で展開できるが、アプリの管理は一括で行うことが可能だ。同社副社長の坂口さんが「開発するだけでなく、管理する人のことを考えた」と話しているように、管理画面は非常にシンプルで使いやすく、思うままに簡単に操作、運用ができる。

アプリコンサルタント

アプリの機能や使い方の相談はもちろん、運用やマーケティングをサポートしてくれる専用のスタッフが充実している。SNSとの連動や業界ごとの戦略などのサービスも提供してくれる。この「アプリコンサルタント」が決め手となり、『アプリクッキング』を利用している店舗も多いという。

また、アプリのトップ画面は「アプリコンサルタント」と相談のうえで決めることができる。他店と重複することのない、おしゃれなアプリでブランディングできることも魅力だ。

「お客様に還元したい」焼き鳥屋の事例

焼き鳥屋の事例

『アプリクッキング』でオリジナルアプリを制作した神戸の焼き鳥屋の事例を機能と共に紹介。

開店2周年を機に、お客様に「うまく店舗の情報を伝えることで還元したい」と考えた店長は、アプリ制作を決意する。『アプリクッキング』で制作をしたアプリでは、お店からクーポン情報をプッシュ通知で配信したり、QRコードのスタンプカードを活用して顧客満足度を高め、リピーターを増やしていった。アプリによる効果はそれだけではなく、新規顧客の獲得にもつながった。理由は2つあり、1つは公式アプリは店名でGoogle検索されると上位に出てくるためである。そこから新規顧客へアピールすることができた。2つめは口コミによる効果だ。iPhoneにはアプリ共有の機能があるため、知人・友人にクーポンをおすすめすることでアプリが拡散し、新規ユーザーの獲得につながったという。

『アプリクッキング』の魅力

『アプリクッキング』では、業種・業態問わず多くの店舗・個人がアプリを制作して活用している。坂口さんは「これから必ずアプリの時代がくる。アプリを上手に活用してお店のファンを作ってほしい」と話した。

アプリ制作や運用に不安なオーナーも多いだろう。『アプリクッキング』では相談カフェも開催しているので、ぜひ一度参加してみはいかがだろうか。

関連記事