商材|仕入・流通 2018.09.04

多様なニーズに対応した野菜の仕入れがここまで便利!

多様なニーズに対応した野菜の仕入れがここまで便利!
1
365日休みなく野菜が仕入れられる
2
カット野菜の提供が大好評!
3
LINE@でリアルタイムな情報を

株式会社ベストフードカンパニーでは、飲食店から病院・福祉施設まで業務用野菜の仕入れをトータルサポートしている。お客様の立場に立ち、飲食業運営の仕入れにおける悩みを勉強し、改善方法を追求している。同社が飲食店に喜ばれている理由とその強みを探った。

365日休まず配送

飲食店が困る場面のひとつとして、「仕入れ業者が休むとその日の仕入れがなくなる」ことが挙げられる。だからといって、まとめて仕入れると食材が傷んでしまったり、在庫管理が大変になるリスクが生じる。

同社では市場が休みの時でも運営しているため、土日祝日や大型連休でも仕入れができることが最大のメリットだ。つまり、飲食店は野菜の調達に困ることがなくなる。今までは別の業者から仕入れをしていたが、休日も来てくれることで、切り替える飲食店も多く存在するそうだ。

カット野菜の提供

カット野菜の提供イメージ

お客様からの要望が多かったカット野菜を提携工場で製造している。多いのは、加工原料向けの長葱や皮むき、玉ねぎ、キャベツ、人参など。また、最近はとくに葉物の価格が安定しないことが多いが、カット野菜であれば安定した価格で仕入れることができる。人材不足でオペレーションに困っている飲食店からは「手間もいらず、安くて便利」と好評を得ている。また、100gからの小ロット対応もうれしい。

リアルタイムな商品情報

FacebookやInstagramなどのSNSでその日の野菜・果物の商品紹介をどこよりも早く正確に届けてくれる。

特に好評なのが公式のLINE@だ。登録をすると、その日の野菜の情報が直接届く。これまでは月に1回程度紙で送っていたが、なくされてしまったり最新の情報でないことがネックとなり注文の機会損失が生まれていたという。リアルタイムの情報であれば、注文を逃すこともなくなる。

さらに、LINE@で返信ができ、例えば商品に対する不良や質問などもここで受け付けている。「これまでの連絡手段はメールや電話だったが、面倒だと言う人が多かった。LINE@を使うことで身近に感じて連絡をくれるお客様も増えた」と取材に応じてくれた角川さんは話している。

リアルタイムな商品情報

飲食店からの圧倒的な信頼

ほかにも、専任担当は2名でバックアップしているという。これは、時間帯に関わらず「常にお客様の対応ができるように」とのことだ。仕入れの悩みだけでなく、旬な野菜の活用方法なども相談に乗ってくれる。このように徹底的にお客様の立場に立った運営で、取引実績は1,000社以上、リピート率93%の実績を誇る。

コストダウンや安定した仕入れに困っている飲食店オーナーはぜひ一度使ってみては。


関連記事