商材|仕入・流通 2018.07.10

小ロットにも対応!あらゆる要望に対応する食肉加工のプロ

小ロットにも対応!あらゆる要望に対応する食肉加工のプロ
1
株式会社はく刻は食肉卸売、加工、商品開発に対応
2
飲食店のあらゆる要望に応える経験やノウハウを持つ
3
小ロットにも対応してくれる個人店のミカタ

東京都周辺で、飲食店向けに食肉の卸売から加工、商品開発まで手がける株式会社はく刻(はくと)。安心・安全で高品質の商品作りをモットーに掲げ、加工品OEMや製造、メニュー開発によるFCの立ち上げ支援まで、幅広い要望に応じてくれる、飲食店にとって心強い存在だ。

さまざまな要望に対応できる体制

同社は、牛・豚・鶏などさまざまな素材の卸売だけでなく、自社製造工場を持つことで食肉加工品製造を数多く手がけ、飲食店のあらゆる要望に対応できる体制を作り上げている。

例えば、飲食店がすでに仕入れたお肉を「このように加工してほしい」という依頼にも応えてきた。卸売した商品の中でバランスの悪い商品については、ハンバーグ、タレ漬け、シチューなど魅力ある商品に加工して提案することもあるという。

加工に携わる従業員はすべて飲食店経験者であり、同社代表の大地家氏も飲食店でコックをしていた経験を持つ。商品開発の経験やノウハウを持ち合わせたスタッフが多くそろっている同社だからこそできることだ。

高品質の商品作り

小ロットも対応可能

お肉の加工品OEMや小売り用ギフト商品開発などは、全国展開するようなレストランの大量受注だけ、という食肉製品製造業者が多いなか、同社では約10キロからといったような個人店向けの小ロット注文も受けてくれる。また、厚み、重さに至るまで細かな要望にもきちんと応えてくれ、納得できる商品を提案してくれる。

同社が作っている豚バラチャーシューは、たこ糸を手で巻いた後にじっくりと煮込み、そこからさらに1日漬け込んだこだわりの一品。自店で作ると手間と時間がかかる商品を、小ロットでお願いすることによって、人手不足解消や人件費の削減にもつながるはずだ。

小ロットも対応可能

優良な「訳あり商品」も

同社では「訳あり」の肉をお得な価格で飲食店に提供している。「訳あり」と聞くと、「安く手に入るけれど質に問題がある」というイメージを持つ人も多いのでは? しかし、同社の商品は、大手企業からの大量発注によって生じた端数の加工食品であり、品質は折り紙つき。味についてももちろん「おいしい」と好評で、リピーターになる飲食店も多いという。

フードコストを抑えつつも、魅力的な商品をお客様に提供したい飲食店にとって、数多くの経験や実績・ノウハウを持つ同社はかなり頼もしい存在といえる。この先、商品開発やメニュー開発を考えているなら、ぜひ相談してみては。

関連記事