商材|物件・設備 2018.07.24

開業や改装時に、最適な内装会社が見つかるWebサービス

開業や改装時に、最適な内装会社が見つかるWebサービス
1
『SHELFY』は理想の内装会社に出会えるマッチングサイト
2
初期費用、利用費用、紹介料すべて無料で利用可能
3
「手間の削減」「コスト削減」「リスク削減」を実現できる

店舗の開業や改装時に、理想の「価格」「スケジュール」「品質」を実現してくれる内装会社を見つけるのは非常に困難なこと。特に、飲食店のオーナーは多忙で情報収集をする時間がなく、専門知識がない状態であることが多いため、自力で施工会社を探すのは至難の業。

『SHELFY(シェルフィー)』は、開店・改装を考えている施主と、全国約500社の内装会社から業者を見つけ出し、最適なマッチングを実現するWebサービスだ。

SHELFYのサービス

『SHELFY』サービス利用の流れ

依頼~ヒアリング

『SHELFY』は発注主の利用であれば、初期費用、利用費用、紹介料などは一切かからない。まずは、Webの入力フォームから依頼内容を送ることから始まる。依頼した内容をもとに、同社の専任スタッフが場所や予算、時期など、詳細をヒアリング。要望の情報整理や、内装会社のコンペ開催などをコーディネートしてくれるので、業者探しを効率よく進められる。

サービス利用の流れ

公開~マッチング

ヒアリングの内容をもとに、依頼内容が内装会社向けにWEB上に公開され募集が始まる(※発注主の社名や出店地域は非公開)。内装会社には、案件によって変動するランク制度があり、(※得意な業種や対応エリア、デザインの質等の軸を加味して)上位のランクから順番に情報が公開されるため、よりレベルの高い内装会社を見つけられる可能性が高くなるという。また、内装会社には諸条件の整合性がとれた案件だけを表示させているため、今手が空いている業者からは安価な条件でエントリーされることが多いとも。

マッチングまでの流れは、「内装会社エントリー」→「発注者が内装会社の過去の実績やPR文章を確認」→「(よければ)マッチング」。その後「内装会社からデザインや見積もりの提案」といったように、最適な内装会社との出会いの場を提供してくれる。

内装会社との出会いの場を提供

サービスの強みとメリット

ユーザーの大きなメリットは、「手間の削減」「コスト削減」「リスク削減」の3つ。

  • 施主は電話をしてヒヤリングに答えて待つだけ。『SHELFY』の仕組みによって、本気度の高い内装会社のみでのコンペが開催でき、業者探しの手間がかなり削減できる。
  • 元請けの会社に頼んだつもりが中間業者を挟んでいたり、多重下請け構造になっていて余計なコストが発生した、などの経験を持つ人も少なくないはず。『SHELFY』は実働する内装会社と直接つながることができるので、コスト削減につながる。
  • 『SHELFY』の専任スタッフは、1名あたり年間200件程対応しているため情報量と経験が多く、相談しながら進められるのでトラブルにつながるリスクがほぼないという。また、比較検討後の発注は絶対ではないので、ハードルが低く相談できるのもメリットだ。

『SHELFY』利用者の声

大手チェーン店でのケース。初出店エリアに業者のつながりがなく、大手に頼むしかない状況。福井へ出店するのに大阪の会社に頼むしかなく高額な見積りが出てきた。そこで、『SHELFY』を利用したところ、「地場の近くでやってくれる会社」「飲食店が得意」「経験豊富」という条件にあった会社をマッチングしてもらえ、工事費が当初より20~30%減額できたという。

「大手に頼んだ見積が高すぎて不安」「既存の付き合いのある会社とは違うデザイン性を求めたい」など、困ったときの“駆け込み寺”として気軽に利用してほしい、と取材に応じてくれた担当者は話していた。

関連記事