商材|訪日客対策 2018.08.06

ドタキャンのリスクがない、訪日外国人向けクーポン予約サービス

ドタキャンのリスクがない、訪日外国人向けクーポン予約サービス
1
『Voyagin』の訪日外国人向け飲食店クーポン予約とは
2
国内最大級の規模で、多くの外国人にアプローチ可能
3
ドタキャンや外国語対応の対策もばっちり

株式会社Voyaginが運営する『Voyagin(ボヤジン)』は、訪日旅行者向けに多種多様な日本の旅行体験を販売するサイト。高級鮨店の予約、土俵近くの席での相撲観戦、一見さんお断りの京都のお茶屋の予約など、日本全国3,500を超える、外国人が予約困難な体験・ツアーを提供。飲食店向けには「訪日外国人向け飲食店クーポン予約」サービスを展開している。

国内最大級の規模

『Voyagin』は利用者130万人以上、月間予約者数5万人を超える国内最大級の訪日外国人オンライン予約サイト。顧客層はアメリカ、オーストラリア、イギリスなど欧米豪が7割を占めており、滞在が長く消費意欲も高い層へアプローチができる点が大きな特徴だ。

『Voyagin』の特徴

ドタキャン対策

「訪日外国人向け飲食店クーポン予約」は、決済機能付き多言語予約ページを通して行われる。万が一ドタキャンが発生した場合でも、事前決済なのでキャンセル料を完全保証してくれる。

外国語対応

予約までの問い合わせには、同社のコンシェルジュが英語・繁体語・簡体語で対応してくれる。PCでの設定作業など、店舗の手間は一切なく、予約情報をコンシェルジュが店舗に連絡するという仕組み。また、店舗で外国語対応ができなくても、お客への説明事項があればコンシェルジュから事前に連絡してもらうことも可能だ。

選べるプラン

多言語予約ページ作成の基本プランには、BasicとAdvanceの種類がある。ともに初期費用は10万円、月額費用はBasicが2万円、Advanceが5万円となる。Advanceとは、ページ作成・掲載だけなくウェブ広告運用も含まれるお得なプランだ。予約手数料は一切かからず、事前決済された金額は、月末締め翌月25日に振り込まれる。

同社は、各国から日本を訪れる人がどのような体験を求めてweb検索しているかを熟知していて、海外へのwebマーケティングに強く、高いインバウンド集客効果が期待できる。

飲食店予約は、もともと高級店のみに限っていたが、現在は集客に困っている個人店でも利用できるようになったという。外国人旅行者にとって難しい、日本の飲食店クーポン予約を、より多くの人に発信できるのは何よりも大きいメリットといえそうだ。

関連記事