EATAS
店舗設備|メニュー2018.06.12
EATAS

MenuExpress|わずか3分でメニューが作れる、無料のメニュー作成アプリ

MenuExpress|わずか3分でメニューが作れる、無料のメニュー作成アプリ
1
わずか3分でメニューが作れる『MenuExpress』
2
テンプレートが豊富、印刷して紙のメニューも作れる
3
SNSに投稿すれば販促ツールとしても使える

『MenuExpress』は、「メニューデザイン研究所」を運営する株式会社ウイングッドが開発した、メニューPOPが簡単に作成できるアプリ。「メニューデザイン研究所のデザイン価格は個人店では毎月頼めない」というオーナーたちの声を受け、個人事業主をはじめ、どんな人でも気軽に使えるようにと生み出された。

スマホですべて簡潔できる手軽さ

飲食店のメニューブックをデザイナーに制作をお願いした場合、コストも時間もかかってしまう。しかし、『MenuExpress』なら、スマートフォンで写真を撮影して、文字を入力するだけ。わずか3分で手軽に、プロがデザインしたような飲食店メニューが完成する。

作成したメニューは、Wi-fiネットワークプリンタから印刷が可能。また、A4サイズフチ無し印刷、パウチ加工(グロス・マット)をアプリ内課金での支払い(送料込)で1部から注文することもできる。

MenuExpressメイン画像

豊富なテンプレート

同社にはメニュー作りの経験が豊富なデザイナーが在籍していて、そのデザイナーが作成するテンプレートは全500種以上。毎月新作が追加され、すべて無料で利用できる。また、ユーザーが作ったメニューを投稿できる「MENU COLLECTION」ページがあり、全国の飲食店とメニューを共有できる。他のユーザーが作ったメニューを参考にすることも可能だ。

豊富なテンプレートのイメージ画像

SNS連動で販促ツールとしてもお役立ち!

作成したメニューはTwitter、Facebook、LINE、Instagramに、ボタンひとつで簡単に投稿できる。売りたいメニューをリアルタイムでアピールしたり、日替わりメニューや旬の食材、仕入れ状況で変わる料理など、その日のうちに提供したいメニューを作成して訴求したり、雨の日セールやタイムセールなど、リアルタイムかつ即効性の高い販促で売上アップが可能になる。

実際に『MenuExpress』を使っている店舗では、余っていた食材でランチのおすすめメニューを作り、SNSに投稿したところ、プラスオンで売上を作るだけでなく廃棄もなくなった。


MenuExpressでできること

1万店舗以上の課題を解決してきた長年の経験から「売れるメニュー」のノウハウを持つ同社のプランナーは、「気軽に『MenuExpress』使ってもらって、“メニュー次第で売上が上がる”ということを実感してもらいたい」と語る。また、「都心にはメニュー作成会社が数多く存在するが、地方には少ないので、そのようなお店に知ってもらってぜひ使ってほしい。手軽さを体感してほしい」と話していた。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。