商材|IT・情報 2018.06.06

POSも、カード決済も、飲食店に必要なものが安価にそろう!

POSも、カード決済も、飲食店に必要なものが安価にそろう!
1
『Square』は安価にクレジットカード決済に対応可能
2
最短翌日入金だから、大きな負担なく導入できる
3
無料のPOSレジほか、飲食店に必要なシステムが豊富

スクエア株式会社の『Square』は、「志あるすべての事業者の夢や理想の実現をサポートする」というミッションのもとに米国カリフォルニア州で生まれた、中小企業や個人事業主のビジネスをサポートするさまざまなツールを揃えたアプリ。特にスマートフォン決済システムが知られているが、飲食店におけるカード決済の悩みを解決してくれるだけでなく、POSレジやオーダーエントリーシステム、売上分析、顧客管理、従業員管理システムなど、店舗に必要な機能をまるごとサーポートしてくれる。

簡単に導入できるカード決済システム

『Square』のスマートフォン決済に必要なものは、モバイル端末と無料の『Square POSレジ』アプリ、そして専用IC カードリーダーだけ。IC カードリーダーをスマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに接続すれば、誰でも、どこでも、スマートフォンやタブレットでカード決済が受け付けられるようになる。アカウント登録は数分で完了。月額固定費や解約料など決済手数料以外の費用はなく、導入コストはIC カードリーダーの機器代4,980円のみだ。

クレジットカードは世界的にIC化が進み、日本でも国内で発行されるクレジットカードは2020年までに全てICチップが搭載される予定。『Square』はICチップも磁気テープも一台で対応できるので、大きな費用負担なく、クレジットカードのIC化に備えることが可能だ。

Squareメイン画像

最短翌日入金で資金繰りに困らない

クレジットカード決済を導入したいけど入金が遅くて資金繰りに困るからと、対応に踏み切れないオーナーも多いのでは? 『Square』で取り引きされたカード決済額は、最短翌日に登録した金融機関口座に入金される。また、決済手数料以外の費用は一切かからず、事業規模や実績による手数料の違いもないので安心して導入できる。

無料のPOSレジほか、多角的にサポート

無料の『Square POSレジ』アプリはカード決済だけでなく、在庫管理、顧客リスト、電子レシートなど、飲食店経営に必要な機能をすべて備えている。アプリをスマートフォンやタブレットにインストールすれば、テーブル会計や個別会計にも対応できるモバイルPOSとしてや、カウンターのレジとして活用できる。また、売上情報はリアルタイムで更新されるので、情報の共有や店舗外からの売上分析も可能になる。

Squareの利用イメージ

スピーディーな売上情報管理を実現

昔ながらの中国料理を提供する「味坊グループ」は、羊肉料理のお祭り『羊フェスタ』出店時に、『Square』のカード決済とPOSレジに加えて、オーダーエントリーシステムを活用。ハンディターミナル用のタブレット端末と、伝票印刷用にキッチンプリンターを用意しただけで、オーダーエントリーシステムが使えたので、通常のオーダーエントリーシステムより圧倒的に低コストで導入ができたという。また、イベント終了と同時に商品ごとの売上・販売個数が把握でき、その場ですぐに来年のイベント出店計画を立てられるといった効果があった。

スピーディーな売上情報管理

カード決算の対応をはじめとした、飲食店のスマートな情報管理は、『Square』が安価に実現してくれるに違いない。

関連記事