商材|訪日客対策 2018.05.24

訪日外国人の集客、接客の課題を解決するインバウンドサービス

訪日外国人の集客、接客の課題を解決するインバウンドサービス
1
訪日外国人の集客と応対能力強化は必須
2
『myorder』は集客・接客の課題を解決できる
3
月額料金0円のフリープランでお試しが可能

『myorder』は株式会社マイオーダーが運営する「外食」に特化したスマートフォンのインバウンドサービス。旅前・旅中の外国人に、店舗の魅力やおすすめのメニューを届けることで効果的に集客し、来店時には多言語メニューとオーダー機能により接客効率を上げてくれる。訪日外国人の集客と接客の課題が同時に解決できると、利用する飲食店が続々と増えている。



訪日外国人への対策は必要?

国内の外食市場は横ばい傾向にあり、日本人に向けた集客を強化しても効果が見込めないケースが多く報告されている。一方、訪日外国人の数は近年ますます増加し、政府は2020年の目標を4000万人としている。訪日外国人の集客と外国人応対能力強化は、今後の飲食店経営のカギとなることは間違いない。

お店をPRできる動画コンテンツ

訪日前の外国人の70%以上は「日本食を食べること」を楽しみにしているが、訪日後は「本当においしい日本食が探せない」「好きなメニューかわからない」など情報不足を指摘し、不満を感じているという。

『myorder』はメニューをネイティヴによる多言語翻訳(英語・中国語)するだけでなく、写真や料理の説明文、作り方などの情報を手厚く掲載。また、オプションで店舗やメニューの動画コンテンツを訪日外国人にわかりやすく作成することも可能。文章だけでは伝わりにくいお店の雰囲気などを動画で紹介することにより、新規集客やオーダー率アップにつなげてくれる。

撮影シーン

オーダーをストレスフリーに

せっかく訪日外国人を集客できても、来店後にオーダーをとる際など外国人客とのコミュニケーションに多くの時間を取られてしまうと接客効率が落ちて売上が下がってしまうこともある。

『myorder』での接客対応は、訪日外国人が来店したら「チェックインシート」を渡すだけ。オーダーを受けるときは、訪日外国人が提示するスマホ画面のオーダーリストを確認。多言語から日本語に変換されたオーダーリストで今まで通りスムーズにオーダーをとることが可能だ。

メニュー改善に生かせるレポート

外国人客が注文したメニューの履歴や言語設定情報をレポートとして提供してくれるサービスもある。これにより、好まれるメニューの傾向や客単価を分析することが可能になり、訪日外国人客を対象とした新規メニュー開発などに生かすことができる。

情報ヒアリングの様子

『myorder』は日本食を楽しむことができる個人の居酒屋さんを中心に、現在100店舗以上が登録。席数やメニューが少ない店舗向けに月額料金が0円のフリープランが用意されているので、まずは機能を体感して効果を試してみるのもありだ。

■株式会社マイオーダー | マイオーダーで訪日外国人の集客&接客をサポート

https://www.myorder.co.jp/

資料請求(無料)
『myorder』
株式会社マイオーダー
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事