商材|仕入・流通 2018.06.20

業務用品を定価の半額ほどで仕入れるスゴイ方法とは?

業務用品を定価の半額ほどで仕入れるスゴイ方法とは?
1
卸・仕入れサイト『スーパーデリバリー』は飲食業利用可
2
圧倒的な数の商品が業務用価格で仕入れられる
3
開業予定者でも初回取引から後払いが可能

株式会社ラクーンが運営する『スーパーデリバリー』は、商品を卸したいメーカーと、安く仕入れたい小売店が取引できる卸・仕入れサイト。営業・仕入れにかかるコストや代金支払い・回収の手間とリスクなど、流通を複雑にする問題をインターネットを活用することで解消した。もともとは小売業のみを対象としたサービスだったが、2016年7月から小売業以外の、飲食業やサロン業などの事業者も利用可能になった。

圧倒的な数の商品が業務用価格で

『スーパーデリバリー』に出店する企業は1259社。商品数は70万点におよび毎日800点超の新着商品が並ぶという。店舗運営に必要な食器などの備品をはじめ、資材、消耗品、販促品を業務用価格(定価の50~60%:平均)で仕入れることができる。会員登録は無料で、飲食店は月会費も無料。また、欲しいものを欲しい分だけ、1点からの仕入れも可能だ。

スーパーデリバリー公式サイトキャプチャ

開業予定者にもってこい

これから開業する人にとっては、食器や資材、消耗品などの備品は極力安くそろえて、開業資金を節約したいもの。すべて違うデザインの、こだわりの作家ものの食器は確かに店のウリにはなるが、メーカー品には以下のようなメリットも。

一方で同じお皿で揃えると重ねられるので収納する場所も減らせるし、初期投資をおさえるメリットもあります。小さいお店の場合は収納スペースも限られるので、メーカー商品のメリットもありますね。

そして、開業資金を節約するうえでうれしいのは、初回取引から後払いが可能なこと。

理由があってこだわって選ぶもの以外はなるべく安い方がいいですよね。スーパーデリバリーは卸価格で購入できたことと、入会したときから掛け払いができるのは嬉しい驚きでしたね。やっぱり最初って何かと物入りなので、それはとても助かりました。

『スーパーデリバリー』は、開業予定者を応援する特典を用意している。それは、開業前でも店舗物件が確定していれば会員登録が可能なこと。また、後払いの利用限度額を従来の30万円から70万円に増額してくれる(※利用には審査がある)ことだ。

スーパーデリバリーサービス画面イメージ

8万店舗以上の小売店に利用されている理由は、豊富な品ぞろえと卸価格でとにかく安いこと。食器などの備品をはじめ、資材、消耗品、販促品の仕入れコストを下げたいなら、ぜひ利用したいサービスだ。

『スーパーデリバリー』

株式会社ラクーン

〒103-0014

東京都中央区日本橋蛎殻町1-14-14

 公式サイトを見る 

関連記事