商材|IT・情報 2018.05.10

少人数体制でもお客様にストレスを感じさせない方法とは

少人数体制でもお客様にストレスを感じさせない方法とは
1
OrderRevolution『セルフオーダーシステム』の基本機能
2
店舗ごとに選択可能な充実のオプション機能も
3
限られた人数で営業をこなし、売上を上げられる

ノバシステム株式会社が開発した『OrderRevolution』は、飲食店向けのオーダーリングシステムを主軸に、予約受付から注文・会計まで一連の飲食店業務を連動してサポートできるシステムラインナップ。中でも『セルフオーダーシステム』は、店舗ごとに選択可能なオプション機能が充実していて、注文が取りづらい場所の機会損失回避や、人材不足の解消につながると導入店からの評価が高いシステムだ。

柔軟性が高い基本機能

サブメニュー登録やメニュー情報表示画面など多種多様なメニューに対応可能な「オーダー機能」をはじめ、毎日更新できる「おすすめ商品」機能を標準搭載。

商品名称や商品画像などwebから登録でき、パソコンやタブレットがあればいつでも登録が可能。日付指定で新メニューを反映させることができるので、前もって準備しておければ直前に慌てて作業する必要もない。わざわざ業者に頼まなくてもすべて店舗側で作業を進められる簡単操作が魅力のひとつだ。

OrderRevolutionのサービスイメージ

ほかにも、既存商品の中から10商品をランキング形式で表示できる機能や、コンセプトを崩すことなくお店の雰囲気にあった画面デザインに変更できる「オリジナルデザイン」機能も搭載している。

充実のオプション機能

オプションには、注文や会計時に店員を呼び出せるボタンの設定や、飲み放題のコースの残り時間と終了を通知するタイマー設定など、飲食店でのさまざまなシーンに活用できる機能が充実。会員様がログインすることで限定メニューを表示する機能や、自動的にスクリーンセーバーでデザートメニューの紹介や新商品の宣伝などをすることも可能。お客様のリピート率アップや効率的な販促効果も期待できる。また、メニュー名はもちろん、カテゴリやボタンなどを日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に切替え可能で、インバウンド対策もできる。

4カ国語に切替え可能

導入店舗の効果

埼玉県のパスタ店では、新規オープンにあたりスタッフの確保という点を心配していた。少人数の体制でもお客様にストレスを感じさせたくないという想いから『セルフオーダーシステム』を導入。未経験かつ少人数のスタッフでも落ち着いた接客ができ、スタッフへの教育も軽減できたという。

福井県の焼肉店では、お客様とのコミュニケーションがとれなくなることを懸念していたが、お客様からは「メニューが見やすい」「オーダーしやすい」「料理が早く届く」と喜ぶ声が多かった。限られた人数で営業をこなし売上を上げていくには必要不可欠なシステムだと話している。

関連記事