EATAS
コラム|コ:宣伝・集客2018.03.20
EATAS

いつでも気軽に頼める! 飲食店専門の販促デザインサービス

いつでも気軽に頼める! 飲食店専門の販促デザインサービス
1
『In-house designer』は飲食店専門デザインサービス
2
販促ツールはお店の価値を伝える重要なメディア
3
デザインをプロに任せることで本業に専念できる

昨今、飲食店の集客方法はインターネットやSNSなど多岐にわたっている。しかし、メニューブックをはじめとしたチラシやリーフレットなどの販促ツールは、お客様に店頭もしくは店内で「お店の価値」を伝える一番効果的なメディアであることは間違いがない事実。

『In-house designer』は、そんな「お店の価値」を伝える「優れたスタッフ」でもある販促ツールを、お店の専属デザイナーとなって一緒に制作してくれるサービスだ。

メニューブックで実現できること

『In-house designer』では、メニューブックを「単なる献立表」ではなく、「お店の価値を伝えること」「オーダーコントロール」を実現するための販促ツールと捉えている。このふたつが実現できていないメニューブックは、以下のような悩みが発生しやすいという。

  1. 注文がバラつき、仕入れの判断が難しく品切れや食材ロスが多くなる
  2. 一人当たりの注文数が少なくなり、客単価が低くなる

メニューブックだけでなくチラシやリーフレットなどの販促ツールで、売りたい商品や看板料理をうまく訴求できず、前述のような悩みを抱えている飲食店は多い。

『In-house designer』のデザインコンサルでは、お店の特徴や客層をヒアリングし、お客様が注文しやすいレイアウトや写真のアングルについても提案をしてくれる。「作ってほしいものはあるけど、デザインを頼んだことがないので心配」というオーナーであっても、オリジナリティあふれるメニューブックを手にすることができるはずだ。

おすすめメニューチラシのサンプル

『In-house designer』おすすめメニューチラシのサンプル

『In-house designer』の魅力

『In-house designer』は、毎月一定の金額で販促ツールのデザインが頼める「定額プラン(年契約、印刷費別、20,000円/月)と、店舗の特徴を生かしたツールにこだわれる「単品プラン(25,000円~)がある。担当するデザイナーは、大手化粧品会社や大手食品会社の新商品ブランディングやコンセプト作りから手がけてきた経験豊富なスペシャリスト。デザインスタッフ一人を雇うよりずっとお得な費用でコンサル・デザイナーを利用できるのが魅力だ。

個店では、オーナー自らがエクセルやワードでメニューブックやチラシを作成しているケースも珍しくない。そこを、プロの手に任せることで本来の業務に専念でき、時間を有効活用できるのもメリットのひとつ。

写真付きのレイアウトで一新

【埼玉県N店:宴会チラシ】オーナーがエクセルで作成。写真付きのレイアウトで一新

飲食店の販促ツールの一番の目的は、何と言っても「売上UP」。どうせ作るなら、信頼できるプロにお願いして、お店の認知売上向上に役立つものを作りたいもの。『In-house designer』は、そんなオーナーの想いを叶えてくれる、うれしいデザインサービスだ。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。