悩み解決|売上 2018.03.30

30秒で配信完了! 思い立ったらすぐにタイムセールが打てる

30秒で配信完了! 思い立ったらすぐにタイムセールが打てる
1
飲食店にはすぐに集客・販売したい理由が多くある
2
すぐにタイムセール告知ができる『TheTIMESALE』
3
集客率は、チラシと比較して10~20倍の効果が!

株式会社ベスプラは、簡単に「タイムセール告知」を作り、店舗近くの人へ情報を届けるアプリサービス『TheTIMESALE』を展開。当日の予約キャンセルやノーショーで発生した余剰商品やアイドル時間をタイムサービスで無駄なく販売できるだけでなく、サービスの課題であった「店舗の手間」を削減し、より便利で効果のあるものへと進化させた。

すぐに集客したい場合に最適な手法

「商品入れ替え時に出た余剰な在庫を処分したい」「誤発注で商品が大量に余っている」「雨で客入りが悪く、作った料理を売りたい」など、飲食店にはすぐに集客・販売したい理由が多くあるもの。

Facebook広告やLINE@などのSNSツールでリアルタイムにキャンペーンを告知する方法もあるが、手間やコストなどのハードルを感じている飲食店オーナーも少なくないはず。

『TheTIMESALE』は、前述のような店舗の課題に“時限的価値”を付加し、店舗近くの人たちの属性情報を確認しながら「タイムセール告知」を簡単に配信できる。

登録費用は無料。1回のタイムセールをチケットで買う方式で、1チケットは100円。一度にチケットを多く買うとディスカウントされる方式で最大半額になる。登録すると無料チケットが30枚付与されるので、まずは試してみて、効果が見込めたら購入に踏み切ることもできる。スマートフォンさえあればサービスを利用でき、情報発信に要する時間は30秒ほど!

TheTIMESALEの流れ

最寄り駅の混雑状況の検知も

『TheTIMESALE』は、「タイムセール告知」の作成・配信だけでなく、「お店の周りにいる人たち」へ「直接情報を発信」することで店舗の課題を解決する機能を多数実装している。

例えば、「駅混雑情報サービス」では、最寄り駅や、近くの幹線道路の交通情報を店舗側へ表示し、最寄り駅の電車が止まっている場合、周辺ユーザーにタイムセールを打つことで集客率を高めることが可能。また、タイムセールの告知と同時に、ユーザにレビュー依頼もできる。タイムセール商品単位に感想を聞き、その情報を店舗側へフィードバックしてもらえるのだ。また、店舗の手間が軽くなるように、ユーザが事前に決済できる機能も検討中とのこと。

TheTIMESALEのサービス概要

『TheTIMESALE』導入効果は?

現在(2018年3月時点)の導入店舗数は200店弱、50,000人超のユーザーが利用している。同社によると、『TheTIMESALE』での情報発信による集客率は、チラシのハンディングと比較して10~20倍の効果が出ているという。また、タイムセールを見た人の5~10%は店舗へ来店する、といった実績を持つ。

今後は、予約サービスやカーナビとの情報連携やタイムセールの自動生成機能など、さらに便利に、使いやすくなるという。そんな、「店舗の状況」と「ユーザーの趣向」をマッチングし、購買に繋げてくれる『TheTIMESALE』のサービスから目が離せない。

資料請求(無料)
『TheTIMESALE』
株式会社ベスプラ
※ボタンの横にダウンロードアイコンがある資料は資料請求確定後ダウンロードできます。

関連記事