EATAS
開店・運営|コンサルティング2018.02.26
EATAS

ローコストで開業できる新たなスタイルのカジュアルカフェ

ローコストで開業できる新たなスタイルのカジュアルカフェ
1
カジュアルカフェの開業を考える人必見!
2
加盟金とロイヤリティが一切不要で開業・運営できる
3
本格コーヒーと、さまざまなロケーションに対応

キーコーヒー株式会社によるカフェ開業支援パッケージ『KEY’S CAFÉ』は、さまざまな立地に適応し、本格的なコーヒーをカジュアルに提供できる新しいスタイルのセルフカフェ。こだわりのコーヒーを提供できるだけでなく、喫茶店やカフェの経営サポートで培ってきたノウハウを結集したビジネスモデルとして注目されている。

開業までの必要資金とモデル収支

『KEY’S CAFÉ』は、加盟金とロイヤリティが一切不要。店舗デザインから必要機器、メニューやカップなどもパッケージ化されているため、ローコストで開業ができ、運営コストも低く抑えることが可能。本格的なコーヒーはもちろん、パスタやスープなどのフードメニューも豊富で、ドリンクやデザートなどの季節メニューもある。

開業までの必要資金とモデル収支は以下の通り。

開業までの必要資金とモデル収支

※1 物件取得保証金は別途必要

※2 研修担当スタッフの宿泊費、交通費は別途負担

※3 厨房機器は、コーヒーマシン類、厨房機器、レジシステムを含む

標準型のメニュー構成で算出

パッケージになっているものの、『KEY’S CAFÉ』の柔軟性は高い。値段やメニューの内容などは同社本部と相談のうえ店舗ごとに変更可能。例えば、富山の店舗では富山県産のお米を使った地産地消メニューを取り入れたり、静岡の店舗では店内焼成の手づくりパンを取り入れたりしている。

KEY’S CAFÉのメニュー例

『KEY’S CAFÉ』のこだわり

『KEY’S CAFÉ』の特徴のひとつは、ドリップコーヒーに特化し、一般的なセルフカフェにない「こだわりのコーヒー」が提供できること。0度以下の凍る直前の温度帯でコーヒーの生豆を一定期間保存して雑味のない甘い香りとまろやかな味わいに仕上げた「氷温熟成珈琲」を使用。これを、オリジナルコーヒーマシーン「プレシー」にて、ネル(布製フィルター)を通して抽出。誰がやっても同じように、「氷温熟成珈琲」本来の味わいを最大限に引き出せる。

もうひとつの特徴は、キーコーヒーが培ったノウハウを生かし、駅ナカ、オフィスビルなどの小スペースから、ショッピングセンター、家電量販店、インテリアショップなどの大型施設に至るまで、シンプルな店舗設計で希望のロケーションに展開できること。

KEY’S CAFÉの店舗イメージ

新スタイルのパッケージカフェ

現在(2018年2月時点)の導入店は52店舗、今後はさらに展開を加速させていくという。キーコーヒー株式会社が喫茶店やカフェの経営サポートで培ってきたノウハウを結集した『KEY’S CAFÉ』。本格コーヒーを提供するカジュアルカフェの開業を考えるなら、検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。