EATAS
NEWS2021.04.09
EATAS

【まん延防止対策】いつでもどこでもCO2濃度を簡単計測 持ち歩ける「ハンディ換気チェッカー」の予約受付を4月16日(金)より開始!

【まん延防止対策】いつでもどこでもCO2濃度を簡単計測 持ち歩ける「ハンディ換気チェッカー」の予約受付を4月16日(金)より開始!

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史氏 以下、フューチャースタンダード)は、ウイルスのまん延防止対策として有効なCO2濃度測定器「ハンディ換気チェッカー」の予約受付を4月16日(金)よりスタートし、4月下旬より順次販売を開始する。


「リモート換気チェッカー(https://www.scorer.jp/products/remote_ventilation_checker)」のハンディ版で、持ち歩いてどこでも簡単にCO2濃度を計測できる。

■ 背景

コロナウイルスの感染拡大の防止策として、従来から換気の重要性は謳われていますが、CO2は目に見えないことから、政府分科会では「室内のCO2濃度を1000ppm以下にすることが重要※1」と目安となる数値を示している。4月5日(月)より「まん延防止対策等重点措置」が適用された大阪では、市内の飲食店に対してCO2濃度を可視化できる「CO2センター」の設置を要請しており、有効な対策の一つとなっている。

FutureStandard「ハンディ換気チェッカー」
本体価格 29,700円(税込)
4月16日(金)より予約受付スタート
4月下旬販売開始!



特徴1.外出先でも簡単にCO2濃度チェック
「ハンディ換気チェッカー」は、ハンディタイプで持ち歩けるCO2センサーだ。縦17cm横5cm幅3cm、重さは150gというコンパクト設計で、いつでもどこでも「CO2濃度」を計測できる。
約12時間の連続稼働が可能だ。また、充電もMicroUSBで出来るため簡単。
特徴2. CO2濃度でライトの色が変わる
CO2の濃度により3段階(ブルー→ホワイト→レッド)にライトの色が変化し、換気のタイミングを教えてくれる。
~999ppm/1,000~1999ppm/2,000ppm


特徴3.高精度なNDIRセンサー搭載
「ハンディ換気チェッカー」はNDIR式のセンサーを搭載しており、このNDIR式は赤外線を活用し高い精度でCO2の濃度を計測することができることから、厚生労働省の換気推進ガイドライン※2にも「使いやすい」と記載されているセンサーだ。
特徴4.スマートフォンのアプリに対応
「ハンディ換気チェッカー」はSENSIRION社※3のセンサーを利用しており、bluetoothで無料アプリ「SENSIRION My Ambience」と接続し、データのモニタリングができる。

※1:参考資料:https://www.mhlw.go.jp/content/000695178.pdf
※2:https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15102.html
※3:SENSIRION https://www.sensirion.com/jp/

■ 販売方法について

4月16日(金)から受付開始。
Amazon、公式サイトなどから購入できる。
サービスURL:https://www.scorer.jp/product/handy_ventilation_checker
※商品に関するお問い合わせは、https://www.scorer.jp/contact へ。

■ 株式会社フューチャースタンダードについて

URL:https://futurestandard.co.jp/
株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社だ。「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」する。

リリースの詳細について
フューチャースタンダード
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000063.000017039.html

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。