EATAS
NEWS2020.12.25
EATAS

2021年コロナ禍での新年会についての意識調査

2021年コロナ禍での新年会についての意識調査

 消費者参加型 覆面調査・ミステリーショッパーサービス「ファンくる」を運営する株式会社ROI(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山口敬人氏)は、「ファンくる」会員を対象に外食企業に関する動きや消費者の動向調査を実施し、「ファンくる調べ」として定期的な発信と飲食店・サービス業支援・サポートを行っている。

 今回は、2021年度の新年会における意識調査(有効回答数931名)を2020年12月11日に実施し、新年会を実施しない・または未定の人が全体で87%、地域別でみると東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道・京都・大阪・兵庫の都道府県は、80%(n=500)、その他の県では98%(n=431)で、大多数の人が新年会を実施しないという結果となりましたが、本来であれば(コロナ禍でなければ)49%の人が新年会は「飲食店」で実施したいという回答だった。
 また、新年会を実施予定の人で飲食店に求める感染対策の1位は席の間隔・2位はアルコール消毒であり、密が回避でき衛生管理の徹底が、引き続き重要となりそうだ。

 主な結果は以下の通りだ。

【調査結果サマリー】

1:87%の人が、新年会を実施しない・または未定。オンラインでの実施予定は、2%。
2:実施予定の人の中で飲食店に求める感染対策の1位は席の間隔・2位はアルコール消毒。
60代以上の人は、店員のマスク・フェイスガード着用とパーティションの設置。
3:本来であれば、49%の人が新年会は「飲食店」で実施したい。
オンラインが良いと回答した人は、27%。


【調査結果】

1:87%の人が、新年会を実施しない・または未定。オンラインでの実施予定は、2%。
設問:新年会の予定はありますか?(複数回答)


<年齢別データ>


2:実施予定の人の中で飲食店に求める感染対策の1位は席の間隔・2位はアルコール消毒。
60代以上の人は、店員のマスク・フェイスガード着用とパーティションの設置。
設問:上記設問で「会社で実施予定」「プライベートで実施予定」と回答した方は、お店にどのようなコロナ対策があると一番安心しますか?


3:本来であれば、49%の人が新年会は「飲食店」で実施したい。
オンラインが良いと回答した人は、27%。
設問:新年会を実施するとしたら飲食店かオンライン(自宅)のどちらが良いですか?


【調査概要】

調査方法:インターネット調査
調査対象:一般消費者
回答者:「ファンくる」に登録している全国120万人のユーザー
回答数:931名(男性=319,女性=612)
調査時期:2020年12月11日
調査項目:2021年度の新年会における意識調査
回答者属性:20~70歳の男女
https://www.fancrew.jp/

リリースの詳細について
株式会社ROI
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000040075.html

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。