EATAS
NEWS2020.12.21
EATAS

コロナ禍でも売上をつくる!フードデリバリーに特化した「バーチャルレストラン」大阪でFC加盟店募集

コロナ禍でも売上をつくる!フードデリバリーに特化した「バーチャルレストラン」大阪でFC加盟店募集

株式会社バーチャルレストラン(本社:東京都江戸川区 代表取締役:牧本天増氏)は、飲食店の副商材としてデリバリー限定ブランドを始められる「バーチャルレストラン」のフランチャイズ加盟店を大阪近郊のエリアで募集する。バーチャルレストランは「実店舗いらず×人件費0」で始めることができ、お店の売上に追加で売上が見込める飲食店の新しい副業の形を提供する。豊富な商材と業界1の簡単オペレーションでカラオケやインターネットカフェといった飲食を専門としないお店でも手軽に始めることができる。

■注目度急上昇中!?バーチャルレストランとは?

「バーチャルレストラン」とは実際の店舗とは別に、フードデリバリーサービス上にのみ存在するレストランのことを指す。
イートインやテイクアウトとは違い、デリバリーのみを行う。

「ゴーストレストラン」との違いはゴーストレストランが実店舗を持たずにデリバリーだけで店舗を運営するのに対し、バーチャルレストランは実際の店舗が存在する。
バーチャルレストランはあくまでも実際のお店とは全く別のお店をデリバリー上でのみ展開することを指す。

キッチンが1つさえあれは゛、 サイト゛ヒ゛シ゛ネスとしてテ゛リハ゛リー上て゛複数店舗を出店することか゛可能だ。

海外有名テ゛リハ゛リーサーヒ゛スを始めとしたシェアリンク゛テ゛リハ゛リーを活用することて゛、最小限のコストて゛25%?35%の高利益率を実現することができる。

■バーチャルレストランの魅力とは


1、低コスト・低リスク
バーチャルレストランはあくまでもデリバリーのみの店舗であるため、追加で店を構えたりする必要がない。飲食スペースや会計スペースはもちろん、今あるキッチンで営業を開始することができる。

2、人件費が抑えられる
バーチャルレストランはお客様と直接接することがないため、調理スタッフのみで人件費が抑えられる。
さらに当社FCでは業界1の簡単なオペレーションなので追加の調理スタッフを用意することなく、今ある売上にプラスでデリバリーの売上を上げることができる。

3、時代に合わせた商材を豊富な種類から選べる
バーチャルレストランはあくまでもデリバリー上での店舗なので流行に合わせて販売する商品を変えることができる。当社ではFCならではのデータを元に季節や流行に合わせて最適な商材を販売することができる。

4、複数店舗出店も可能
バーチャルレストランは1店舗に限られない。デリバリー上で複数店舗出店することでより多くの売り上げが見込める。

■コロナで売上減が影響?バーチャルレストランのFC加盟店急増中!


当社がバーチャルレストランのフランチャイズ事業を始動した6月よりバーチャルレストランへの問い合わせ数を月別に集計した。問い合わせの内容はバーチャルフランチャイズへの資料請求や独立、新規ゴーストレストラン・バーチャルレストラン店の開店相談まで幅広く受けている。

問い合わせ数増加の要因としては多くのお店がコロナウイルスの長引く流行により、新たな収入源としてバーチャルレストランに期待を寄せていることが考えられる。

問い合わせをうけた方からは、
「コロナでお客さんが減って、少しでも足しになればと思って資料請求しました。」(居酒屋・男性)
「うちは暇な時間帯が多いのでその間にデリバリーができると聞いて問い合わせました。」(カラオケ店・男性)
といった声が多く聞かれました。

■店舗数の推移(6~11月)


※当社調べ
※店舗数は月ごとの累計店舗数
当社がバーチャルレストランのFC展開を始めてから半年間で店舗数が100店舗を突破した。

初期にバーチャルレストランとしてオープンしたOWL TEA 新宿店ではコロナ禍で売り上げが落ち込む中、バーチャルレストランで売上が2割程度回復するなど売上の向上に繋がっている。

「Uberでバーチャルレストランをはじめて、プラス2割くらい売上が回復することができました」(『スッキリ』取材時)

「基本1人でお店を営業しているのですが、デリバリーを始めることで今まで得られなかった売上を得ることができて、オペレーションも問題なくこなせています。」(インターネットカフェ・男性)

■「バーチャルレストラン」が大阪初上陸!

東京近郊で100店舗を構えるバーチャルレストランが満を持して大阪に進出。

1、25~35%の高い利益率 FC店舗では1ブランドのみのデリバリーで月商100万円を達成し、お店の売上+αでさらなる売上を手に入れている。
競合店が少ない大阪エリアでは早期に出店することでより多くの売上が見込める。

2、1ヶ月以内の早期出店
当社ではバーチャルレストランのFC店舗数が100店舗を突破した実績により、Ubereatsで早期にデリバリー店を出店することが可能だ。
出店までのサポートも手厚くすぐにバーチャルレストランを始めることができる。

リリースの詳細について
株式会社バーチャルレストラン
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000059947.html

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。