商材|訪日客対策 2018.02.14

訪日観光客に日本の食を発信するWEBサービスがリリース!

訪日観光客に日本の食を発信するWEBサービスがリリース!
1
トラベラーと一緒に飲食店を紹介する『Quippy Web』
2
訪日外国人でも行きたいお店が直感的に手軽に探せる
3
世界の食文化の向上に貢献にできるWEBサービスへ

Instagram(インスタグラム)にアップされた写真をもとに近場のレストラン・飲食店を検索できるアプリ『Quippy』を運営していた株式会社RichTable。Rich Tableという社名は、食文化を新しいアプローチで豊かにしたいという思いから命名。3月上旬に、トラベラーと一緒に飲食店を紹介するというコンセプトのWEBサービス『Quippy Web』のリリースを予定している。

外国人のためのWEBサービス

『Quippy Web』は、「日本での当たり前は外国人にとってはそうではない」ことを洗い出し、よりわかりやすく外国人に伝えていくことを目的としている。例えば、「飲み放題」は外国人にとっては、「飲み放題付き」の値段なのか、飲み放題単体の値段なのか、時間制があるのか、メニューは変わるのか、などわからないことが多いという。そのため、検索サービスをはじめ、ブログ、記事、動画などのコンテンツはすべて英語で配信。また、デジタルフォトメニューも掲載する予定だ。「写真はユニバーサルランゲージのため、直感で選べる」ため、訪日外国人でも感覚で手軽に行きたいお店が探せるのがメリット。

飲食店が『Quippy Web』に掲載される効果

『Quippy Web』掲載で見込める飲食店のメリットは以下の通り。

  • 『Quippy Web』が撮影した動画を店舗HPやSNSで掲載が可能
  • 店舗の手間なくプロモーションを打つことができる
  • インバウンドの需要が出て、売上の底上げが期待できる
  • ハラールやベジタリアン特集を組む予定で、自店のメニューをアピールできる
  • 外国人目線からの日本の飲食店の「わかりにくさ」「見つけにくさ」を解決

世界の食文化の向上に貢献

『Quippy Web』はレストラン検索ももちろんできるが、将来的には検索のみならず予約やモバイルペイメント、食に関するキュレーションメディアといった飲食店周辺サービスへ事業を広げ、世界の食文化の向上に貢献していく。まずは2020年までにQuippyを世界中の人々に使ってもらうことを目標に、東京から世界に挑戦するという。

関連記事