EATAS
NEWS2020.11.10
EATAS

【ぐるなびリサーチ部】「Go To Eatキャンペーン」の利用実態調査 2人に1人がキャンペーンを利用!20代女性は81.2%と最も高い利用率に

【ぐるなびリサーチ部】「Go To Eatキャンペーン」の利用実態調査 2人に1人がキャンペーンを利用!20代女性は81.2%と最も高い利用率に

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信している。今回は、「Go To Eatキャンペーン」開始から約1か月が経ち、ユーザーの利用実態を調査した。

【調査結果ポイント】
●2人に1人がキャンペーンを利用!利用率は20代女性が最も高く81.2%
「Go To Eatキャンペーン」の開始から約1か月が経ち、キャンペーンの利用について尋ねると、「オンライン予約を利用した」「プレミアム付き食事券を利用した」「どちらも利用した」を合わせて、52.2%と2人に1人がキャンペーンを利用していることがわかりました。また年代性別でみると、20代女性が81.2%と最も高い利用率となっている。

●28.6%が「ポイントを利用した」と回答。お得に外食が楽しめる分「予算が上がった」は41.7% オンライン予約で付与されたポイントを利用したか尋ねると、28.6%が「利用した」と回答。またキャンペーンを利用して何回外食をしたかを尋ねると、33.9%が3回以上の外食をしていることがわかり、繰り返しキャンペーンを利用してお得に外食を楽しむ傾向がみてとれた。また、1回あたりの外食にかける金額の変化を尋ねると、「かなり上がった」「やや上がった」を合わせて、41.7%が上がったと回答し、半数近くの人がキャンペーンによって外食にかける金額も増加傾向にある。

●外食した相手は「家族」、利用した業態は「居酒屋」がトップ!
「Go To Eatキャンペーン」を利用して、どなたと外食に行ったかを尋ねると「家族」がトップで51.5%、その後「友人・知人」「1人で」が続きました。またどのようなお店で外食をしたかを尋ねると、「居酒屋」がトップで36.0%、その後「和食」「焼肉」が続く結果となった。

●88.9%がキャンペーンを今後利用したいと回答!
「Go To Eatキャンペーン」を今後利用したいかを尋ねると「利用したい」「まあまあ利用したい」を合わせて88.9%と9割近くの人が利用意向があることがわかり、例年外食利用頻度が高まる年末に向けて、外食意向がさらに上昇していることがわかった。

【調査概要】
■調査期間:2020年10月23日(金)~10月24日(土)
■調査方法:WEBアンケート
■調査対象:全国
■回答者 :20代~60代のぐるなび会員1,000名


リリースの詳細について
株式会社ぐるなび
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001023.000001511.html

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。