EATAS
コラム|コ:宣伝・集客2020.06.19
EATAS

最新コロナ対策!!飲食店が集客力アップのために見直すべき4つのポイント

最新コロナ対策!!飲食店が集客力アップのために見直すべき4つのポイント

飲食店ビジネスにおいて、お客様をお店に呼び込むための集客力の向上は取り組むべき重要課題。ただ、コロナ騒動の影響を受けて、集客がうまくいかず悩みを抱える経営者は多いのでは。そこで、来店客をもっと増やしたいと思っている経営者に役立つ集客力アップのポイントを4つ紹介します。

1.お店全体を見直す

 

お店の外装・内装はもちろんのこと、店内の雰囲気、看板など、お店を作り上げているすべての要素を見直しましょう。

お店の窓から見える店内の雰囲気や、お店の外観などは、外を歩いている特定多数のお客様にアプローチできる有効な集客方法。劣化した看板、老朽化が進んだ外壁をそのままにしておくと、お客様に悪い印象を与えかねません。店舗管理は怠らないようにしてください。

まずは、お店の前に立って、じっくり眺めてみましょう。

 

2.宣伝方法を見直す 

 

SNSを利用した宣伝は、今や欠かせません。ただ、FacebookやTwitterといったSNSだけを利用した宣伝方法で集客力が十分とはいえません。SNSは無料で活用でき、一回の投稿で広い方面に向けて好きなように情報発信ができるというメリットはあります。でも、情報を受信する側は、これらのサービスのアカウントを所有している人に限定されるという難点があるのも事実。SNSのみの宣伝に頼るのは、集客のターゲットを無意識に狭める危険性があります。ですから、周辺地域の人通りが多いエリアにお店のポスターを掲示することや、作成したチラシのポスティングといった地道な努力も必要です。より多くのお客様に興味を持ってもらえるかもしれません。

 

ウェブサイトやチラシ・ポスターなどの広告物は、経営者や運営スタッフの立場から離れて、手に取るお客様の気持ちになって作成してください。

多くの人に好まれるデザインや、最新の店舗情報を取り入れてわかりやすくするのがポイント。

日頃からネットやテレビをチェックして、宣伝に適した言葉や表現を研究しておくとより効果的といえます。

 

3.メニューの内容を見直す

 


リピーター客へのサービスを見直すことも忘れてはいけません。お客様の満足度が上がり、口コミやSNSによる情報拡散も期待できます。

そのためにもメニューの内容や値段を見直してはいかがでしょうか。

人気商品や看板メニューの値段を下げれば、より多くの人が注文するでしょう。

メニューのマンネリは飽きられてしまうので、定期的な新メニューの開発、季節限定メニューの提供を心がけましょう。

 

4.口コミや評判を見直す

   



お店の口コミや評判をインターネットやSNSで調べることも大切。

少し勇気がいる作業ではありますが、お客様の声を知ることで、お店の評判を認識できるからです。

お店への不満があればすぐ対処して、高く評価されている点についてはさらなる向上に努めましょう。

 

また、お店の感想を、知人・家族・常連客などに述べてもらいましょう。第三者による意見や提案を経営改善に積極的に取り入れることで、新規客の確保やお店の発展に繋がるからです。

 

 

最後に


コロナ以前の集客方法を見直す4つの方法を紹介してきました。

営業時間中や業務の合間などを避けて、落ち着いて集中できるときに現状を見直してください。普段気づかない問題や改善点を洗い出すきっかけとなり、集客力の向上に繋がるはずです。

関連記事