悩み解決|売上 2018.02.09

アッパー層に響く! グルメサイト『ヒトサラ』のこだわり

アッパー層に響く! グルメサイト『ヒトサラ』のこだわり
1
料理人にフォーカスして魅力を伝えるグルメサイト
2
月間ページビューは1億、ユニークユーザー2,000万人
3
他グルメサイトからの予約に比べ、客単価が高い傾向

グルメサイト『ヒトサラ』の最大の特長は、作り手にフォーカスした取材によって「料理人の顔が見える」という点。料理人やソムリエなど「ヒト」の想いを掲載することでお店の本質的な魅力を伝えている。現在、掲載店舗は1万5千店舗、紹介している料理人は1万1千人。2017年12月には月間ページビューが1億ビュー、ユニークユーザーが2,000万人を突破した。

「こだわりの取材」で一線を画す

初めは取材を嫌がるシェフも多かったというが、今では「メディアに取り上げられるようになった」「前に出ることで責任が出る」という声が多いそう。“料理人が憧れる料理人”も多く掲載されているので、肩を並べられるというのも魅力のひとつ。ユーザーにとっても、料理人の経歴や紹介があると安心するという声もあるという。

店舗ページはプロカメラマンによる撮影とライターによるきめ細やかな取材で、クオリティが高いものになる。写真撮影に2時間かけるなど、お店の魅力を伝えるためにこだわり抜き、掲載までに標準的に1か月ほどかかる。また、美麗な写真による訴求力に加えて、「おすすめの利用シーン」「食べて欲しいメニュー」「料理人情報」などコンテンツも充実。ユーザーからの口コミではなく、公式インスタグラムアカウントのバナーを掲載できる機能があることなど店舗自ら情報を発信することに重きをおいたページ構成が特長だ。

『ヒトサラ』に掲載するメリット

掲載店舗からは「費用対効果が高い」との声が多いという。『ヒトサラ』を利用するユーザーは「美味しいお酒と食事を楽しみたい」という食への関心が高く、その結果客単価も高い。ある店舗では他グルメサイトからの予約に比べて『ヒトサラ』の予約客は1,000円ほど単価が高い、といった結果も出ている。クーポンをウリにしていないことや、掲載店舗には個店が多いため大手チェーン店に埋もれることなく自店の情報を見てもらえることも大きい。また、日本最大級のクチコミサイト『食べログ』や、『Retty』公式メディア連携をしているため、より多くのユーザーにお店の魅力を伝え、より効果的に集客することができるのだ。

『ヒトサラ』の掲載費用は初期費用60,000円と月額費用の異なるライト(10,000円)、ベーシック(20,000円)、ゴールド(30,000円)3つのプラン。月額費用は掲載月の翌月から課金開始となる。

■料理人の顔が見えるグルメサイト - ヒトサラ

https://hitosara.com/

関連記事