EATAS
デリバリー|テイクアウト2019.11.12
EATAS

アクティブユーザー8200万人のLINEの新しいサービス『LINEポケオ』で新たな売上を作る

アクティブユーザー8200万人のLINEの新しいサービス『LINEポケオ』で新たな売上を作る
1
テイクアウトサービス『LINEポケオ』
2
社会インフラLINEだからできる『LINEポケオ』を活用するメリット
3
『LINEポケオ』を活用し、あなたの店舗へ新たな売上導線を構築!
LINE株式会社が開発したテイクアウトサービス『LINEポケオ』は、独自でテイクアウトシステムを構築しなくても利用できる新しいオーダーシステムである。サービスは、2019年6月から本格展開を開始、簡単にテイクアウトサービスを開始できるタブレット型オーダーシステム「LINEポケオ for biz」を活用していることから、個人店などでも気軽に導入することができる。

社会インフラLINEだからできる『LINEポケオ』を活用するメリット

一度はLINEという名前を聞いたことがある人がほとんどではないだろうか。LINEは、現在約8100万人のユーザーがおり、日本人の約63%が使用しているSNSである。『LINEポケオ』を活用することで、店舗のサービスを届けられるユーザー数は既に540万人を超えており、即時的にたくさんの人に店舗について知ってもらうことができる。

さらに、LINEを使用したことがある人は、アプリ使用時に位置情報を登録したことがある人も多いのではないだろうか。LINE株式会社では、アプリ使用時に、ユーザーの同意のもと、位置情報を取得しているため、ユーザーの行動を分析することが可能となる。また、行動分析を行うことで、近い将来、お客様の行動パターンにあった商品の案内ができるようになっていくことが考えられる。

LINEポケオUI

ここまで、『LINEポケオ』の良さについて説明してきたが、店舗が同サービスを導入するメリットは、他にもある。

店舗集客・ビジネス拡大に貢献

これまで話した通り、同サービスを使用することで、圧倒的規模を誇るLINEユーザと導入店舗との新たなマッチングが創出される。また、テイクアウトサービスを行うことで、商品の受け取り時に、店舗の場所や雰囲気を知ってもらうことが可能となる。同サービスの導入で店舗が周知されることで、ディナーなど別の機会での来店も見込め、新たな売上が期待される。

簡単、低コストで利用可能

『LINEポケオ』の導入店舗には、専用のオーダー管理システムを利用するためのタブレット(iPad)が提供される。タブレットを利用して頂くことで、初期費用がかからず、月額利用料と販売時の成果報酬型の費用のみで『LINEポケオ』のオーダー管理システムを利用することができる。

『LINEポケオ』を活用し、あなたの店舗へ新たな売上導線を構築!

既に同サービスを活用している店舗の中には、単価の高い店舗や店内で食べるイメージのある定食屋など、これまでテイクアウトのイメージがなかった業態のお店も多く、新しい売上経路を獲得している。さらに、既に全国的に普及している同社が展開するサービスだからこそ、都心部だけでなく、地方で展開する店舗での活用も期待できる。

中食に対する軽減税率も開始され、テイクアウトに注目が集まっている今、圧倒的なユーザーを誇るLINEのサービスを活用し、新しい売上を目指すことは、とても有効であると考えられる。同サービスの導入には、1-1.5ヶ月の準備期間を必要とするため、少しでもテイクアウトに興味のある飲食店オーナーは、今すぐに問い合わせをすることをオススメしたい。

関連記事

EATAS MEMBERS LOGIN
新規会員登録
会員登録がお済みでない方はこちらから
SNSアカウントでも登録/ログインできます。